日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:洋風うちごはん ( 85 ) タグの人気記事

e0157816_856089.jpg


チューリッヒ空港から持ち帰ったLindtのアドヴェントカレンダー。
留守のあいだ、夫が毎日1窓ずつ穴を開けておやつにしていたようです(笑)
残るはやはりリンツの、大きな松ぼっくり型したチョコの塊り!
かなづちでも準備しなければありつけそうもなさそう^^:




上海髙島屋からの帰り道は、地下鉄の駅から2週間ぶりの上海を歩いてみました。

小さなアパートはパラソルを新調し
e0157816_971951.jpg



Cozy Wine Bar なんてのもオープンしていました。
e0157816_914472.jpg









上海に新しくできたRF-1のサラダをオードブルに、メインは簡単にスカロッピーネ・アラ・リモーネ、そしてLesSensのスープをまねてラディッシュのポタージュを準備しました。
ちっともクリスマス感のない食卓です^^:
e0157816_9151932.jpg




ラディッシュのポタージュはとても美味しかったけれど少し改善が必要!
e0157816_940563.jpg










年末感もお正月前の気忙しさもない上海の12月、もう3度めになりますがこの不思議な感覚に一向に慣れません^^:

e0157816_9452170.jpg






e0157816_9252616.gif

by bonbonniere0826 | 2012-12-26 10:07 | 食卓では..・・・*
ラインの宝石のエピスリーは、それはそれは魅力的な食材だらけでした。
パスタは1種類だけ、と心に決めていただいのはエーデルワイス。


e0157816_10321694.jpg








午前中に、中華料理レッスン3品。(2品その場で完食、1品は持ち帰る)
隣室で行われていたタイ料理パーティのレッドカリーにもお呼ばれし(非常好吃♥)、その足で四川料理店のランチ会へ。

お昼にこれだけお腹に流しこみ、夜ご飯を夫は要らないということだったので、この夜は大トマト3つを使ってトマトスープだけで軽くすますことに。

トマトは上海の野菜の中でもっとも駄目野菜だと思うけれど(表真っ赤で中白い…ーー:)、通称“Avocado lady”のトマトだけは別!
表の色を信じれば大丈夫!!

湯剥きの大トマト3つはざく切りにし、セロリー・ニンニク・玉葱と一緒にバターたっぷりで炒めまして、湯剥きした時のお湯と茅乃舎の野菜だしでことこと…
プロセッサーでポタージュにし(←書き忘れ、追記しました)
ミルクと、(花型がこわれてしまわないよう)細心の注意で茹でたエーデルワイスも加えます。
イタリアンパセリはもっと細かく切るべきでした。味・ビジュアルともにまるで春菊みたいーー:

e0157816_10593331.jpg


あれ? ちっとも軽くない夜ご飯だったかも…。



e0157816_10504930.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-09 11:02 | 食卓では..・・・*

美味しいお肉が買えるお店まで出掛けることは結構な遠出になるため、まだままなりません。
いつも決まったお米を買うのも街なかのお店なので出控えています。
こんな時にお米を切らしてしまいました。

でも不自由はその程度。
娘のお友達も娘も無事帰し、ほっと一息。
たくさんのお優しいメールをいただきありがとうございました♪


地下鉄の駅近くなど街なかへお買い物に出るのはまだもう少し控え、昨日は先月オープンしたGREEN&SAFEで2種の可愛らしい茄子をいただいて、プッタネスカをつくりました。
ケッパー・オリーブ・アンチョビなど冷蔵庫の材料をたくさん使って。
e0157816_9572775.gif

e0157816_1005847.gif


パスタに和えたりパンにのせたりしていただきます。
陽の明るいうちから煮込み、いただく迄の数時間寝かせておきました。
明日にはもっと美味しくなっているはず♪





GREEN&SAFE
e0157816_103019.gif

嬉しいお店ができました。
有機野菜や食材にこだわったカフェレストランです。
e0157816_1033922.gif

e0157816_1041943.gif

e0157816_1045120.gif

フレッシュハーブの少ない上海ですが、こちらで何種類も手に入ります。




上海ではナンプラーとニョクマムの区別もなく、“魚醤 Fish sauce”の名称1本勝負で扱われていますが(笑)、私は料理に意外によくFish sauceを使うってことに最近気づきました^^;
ごく近所の輸入食材屋さんに最近置かれなくなってしまったので、いざ欲しいと思うと扱いうお店がない。
昨日はオーガニックな魚醤というのを見つけたので買っておきました。


お店の半分を占めるカフェでは、美味しいサラダやフレッシュジュースが比較的お安い価格でいただけるのも嬉しい。
e0157816_1065338.gif



上海には、日本で言うところのいわゆるデパ地下のお惣菜屋さんみたいなものがほとんどなく、あと一品の彩りをいかにデパ地下のお惣菜に頼っていたか、上海で身に沁み入るpicoriです。。。苦笑
これからはGREEN&SAFEの凝ったサラダが、あと一品!の頼りになることでしょう。








e0157816_10251135.gif

斜向かいのSasha'sでは、フレッシュヨーグルトをデリバリーするベベマミ主催のマーケットが行われていました。
フランス人太太が私のデザインよという、重ねづけがかわいい天然石ビーズのブレスレット、
Elke Martiniさんのブースから、小さなカードを数種類いただいて帰りました。

太太達の生活は平和そのものです。
e0157816_10242535.gif








こんなところにも使うので我が家の魚醤の減りははやいのでしょうか。
“長芋の揚げびたし 魚醤使い”
e0157816_10284846.gif


・長芋1本
・大根・生姜(それぞれ適量をおろしておく)
・片栗粉
・オリーブオイル・胡麻油
・出汁400cc
*ナンプラーまたはニョクマム 魚醤ならどちらでも 小匙1弱
*醤油 小匙1程度
*みりん 少々

1.大根おろし、生姜をおろしたものを合わせる
2.鍋に出汁をあたため、*を加えて好みの味にしておく。(やや濃いめがお勧めです)
3.皮をむき1センチ厚さに切った長芋に片栗粉をうすくまぶす
4.胡麻油少量で香りをつけたオリーブオイルを中火にかけ、3をじっくりと色よく揚げる
5.4を器に盛り1をのせ、熱々の2の出汁をかけたら召し上がれ♪

塩を魚醤に代えることで、旨味パワーがぐぐっとアップすると思っています^^


お茄子だけは日本より美味しいと思っていて(とにかく瑞々しく柔らかい!)、この夏は茄子の揚げびたしも散々作りました。
9月の声を聞くや否やめっきり秋めいて涼風薫るようになったので、揚げびたしも茄子に引っ込んでもらって山芋に…
秋の和食のあと一品にいかがでしょう♪


e0157816_10463327.gif

by bonbonniere0826 | 2012-09-21 11:33 | favorites・・・*
海外でスーパーの雑誌棚をのぞく習性のある娘とわたし。

7年前だったか、レジ横の棚が太眉に森の湖ような瞳の男の子に占拠されていた。
どちらかというと野暮ったいその風貌に笑った(失礼!)ものでしたが、それがザックエフロンだとわかったのは(というか即調べた^^:)のは日本に帰ったあと。

今回ABCストアの雑誌の表紙はすべてと言っていいほど、同じヤングな5人組が占めていた。
この占拠っぷりからして相当な人気なのね〜と、はじける笑顔でジャンプする5人組に二人して笑っていたのですが、今朝ロンドンオリンピックの閉会式を観てあんぐり。
雑誌のあの子達じゃない!
ワンダイレクションっていうんですね@@
アメリカンアイドルだとばかり思ってみていた表紙だったけれど、なんとイギリス出身だったんだ〜。これまたびっくり。
ディレクションじゃなくてイギリスだからダイレクションなんだ。
既に全米ビルボードで初登場1位、しかも4週連続1位を獲ったことから、ビートルズ以上と言われているらしい。
コミカルだと思っていた表紙の写真だったけれど、お歌の方は相当な実力揃いらしく、中でも最もコミカルに写っていたロン毛むりくり横分けハリー君が一番人気なんだとか。
ふぅん。聴いてみようかしら〜^^:




日曜というのにパパはお仕事がらみで19時に家を出て食事会へ。

おひとり様の晩餐は、チキンソテーとシーザードレッシングで和えただけの野菜。+ワインおかわりすること数回
e0157816_11154941.gif





ONO Hawaiian Seasoningを使いたかったから。
e0157816_1118613.gif




まぶしただけでONO(=美味しい)になるんだから♪
e0157816_11205274.gif





e0157816_11221613.gif

by bonbonniere0826 | 2012-08-13 10:34 | 食卓では..・・・*
調味料やソースをお手製してしまいましょう という
りあむままから紹介された“手づくりのたれ・ソース・調味料”を手にして以来ずっと作ってみたかったのは、ウスターソースでした。

果物が安価な中国ならでは、それこそ惜しみなく使って。
e0157816_16343028.gif



結果を先に白状するのもおもしろくない話ですが、できあがり量1ℓ想定でしたが出来たソースは、むむむ〜 せいぜい300㎖程度でしょうかぁ(爆)
原因はなんとなくわかっています。
ですから、下記の分量で必ずしも1ℓ出来上がりませんので悪しからず^^:
でもお味は保証付き!




できあがり量300cc〜うまくすれば1ℓ本当にいけるのか!?
・りんご…1ヶ
・オレンジ…1ヶ
・玉葱…1ヶ
・セロリー…2本
・人参…1本
・トマト…大なら1ヶ
・水…1.5ℓ
・酢…1cup(昨日は白ワインビネガーと酢を1:1使用)
・安赤ワイン…100cc
・塩…大3
・砂糖…大2
・醤油…大1

スパイス
・シナモンスティック…1本
・唐辛子…2本
・ローリエ…2枚
・生姜…ひとかけ(すりおろす)
・にんにく…2ヶ(つぶす)
*粒黒胡椒…大2
*クローブ…10粒
*タイム・セージ・クミン・オレガノ
*はハーブパックかお茶パックに詰める



さぁ、いよいよ♪
e0157816_975630.gif

なにひとつ難しいことはなく。
野菜・果物は2、3㎝にざくざくカット。




その他材料をすべてくわえて煮込みいってみよ〜。
e0157816_99513.gif

スパイスは全部をひとパックに詰め込めば後の作業が簡単ですが、すべて詰められる大きさのパックがなかったため小さいもの=*だけパックに詰めました。

途中、冷蔵庫に眠っていたブラックベリージャムを大量に投入してみました。
プルーンなどドライフルーツなら尚よい。


1時間半後の様子。
e0157816_913578.gif

ソースが半量(私のは1/3量まで。ちょっと煮詰め過ぎでした)ほどになり、香りはウスターソースそのもの♨



スパイスパック・シナモンスティック・ローリエ・唐辛子を取り除き、野菜・果物が柔らかくなったソースをフードプロセッサにかける。




布巾またはシノアなどで丹念に漉す。
e0157816_9212166.gif

e0157816_9214822.gif




できあがり分量が少なくなってしまった理由のひとつは、漉し時間がまったく足りなかったこと。
布巾などで丸一昼夜じっくりと漉すのが正解なのでしょう。


番狂わせな事件による精神的動揺も、まちがいなく漉しを慌てさせた要因でした。
煮込みも終盤に差し掛かった頃、いきなり防犯ガス漏れ報知ブザーがかなきり声をあげ響き、異常を察したコンシェルジェから電話が!
(煮込み中は鍋のそばを離れリビングで読書しており、時折様子をチェック。これがいけなかったか)

『だいじょぶだいじょぶ! (ガス漏れなどの)問題はないんだけど、如何せん爆音を止める方法がわからないのよ〜〜! たすけて〜@@』みたいな応答し、受話器を置くや否や身長185はあろうか美形エンジニア颯爽と現る。

まずはこのキッチンに充満している蒸気を逃すのだ!!とファンファン音鳴り続く中、キッチンのドア・窓すべて開け放ったものだから、あまりの爆音にお向かいの米系保険会社のリーマンさん達まで、なんだなんだと窓際に集まらせてしまったわーー;
煮込みに煮込んだ蒸気はそれは濃密だったのでしょう、外のもったりした湿気もあり、窓という窓を開け放とうが10分以上鳴り止まず。
ご近所さま、まことにかたじけない…ーー:
最終的にシャワーキャップのミニバージョンのようなビニール靴を(しかも青透明)ソックスの上に履き、キッチンの棚にヒラリとのぼり、天井にある操作盤のスイッチをお止めいただいたという。。。。


こんなドタバタもありつつの300㎖抽出成功。




お腹がまだ完璧でないにも拘らず昨夜夫はお仕事上の飲み会。
ならばお腹に何ら不備のない私はおひとりさま豚カツを。

e0157816_1063988.gif

ドタバタ劇場を乗り越えたウスターソースの芳香のすばらしいことったら。



ソースは今日から冷蔵庫で熟成に入ります。
1週間ほど寝かせると更に♨♨♨…だそうで。

漉し器(我が家の場合、目の粗いザルで代用w)に残ったピュレは、蜂蜜を加えてチャツネとしてカレーに使う予定です。
具を何にしようか、このカレー今からワクワクしているのです。


そういえば、ウスターソース。
英国Worcestershire州Worcester(難読の地名)の一太太(主婦)が偶然に発見したソースなんですってね。


e0157816_1017965.gif

by bonbonniere0826 | 2012-07-20 10:45 | 食卓では..・・・*

毛豆のポタージュ

夫、お腹をくだす!
前日のお昼は一緒にイタリアンへ、夜は私が作ったお夕飯。
タイミング的には、picori-madeのお夕飯しか考えられない。
夜中じゅう眠れないほど大変だったそうですーー:

しかし私は何ともない。いたってフツー。
夫が言うには私は類いまれなる強靭な腸の持ち主らしく、比較の対象にならないそうです。
確かに上海上陸後、ただの一度もお腹をこわした経験なしだわよ。
たいがい、一度や二度は大きくダメージを喰らうものだそうで。。。


まぁ、いいわ。
日曜はわたしも便乗してプチゆる断食。
完全断食でなく、断食道場の野菜スープだけでやり過ごす…的な^^


朝は、おいしい塩でことこと白粥を煮る。
e0157816_9151260.gif

日本でお友達からいただいた京都のお土産を、宝物のように冷凍庫であたためておいたのだ。
お茶漬けあられと佃煮のおいしいことといったら…=3




彼は時々のっそり起きてはイオン飲料で餓えをしのぎつつ、ほぼ一日床につかれておりました。




夜は毛豆のポタージュを。
e0157816_9214373.gif

土豆(ジャガイモ)と洋葱(玉ネギ)と毛豆(枝豆)。

消化を考えて毛豆は控えめにしたものの、入れると入れないでは別物の香りだった。
e0157816_928273.gif




お腹がすっかり回復したらば、毛豆量3倍の冷たい毛豆のポタージュね。




e0157816_933312.gif

by bonbonniere0826 | 2012-07-16 09:40 | 食卓では..・・・*
遅いランチの日だけじゃく、最近の私たち夫婦、お夕飯は軽めがお好み。
寄る年波に逆らわず…


e0157816_8581219.gif

アンチョピパイとミートパイを簡単に準備し、

e0157816_9171956.gif




スープにはじっくり時間をかける。

この夜のスープもやはり野菜室一掃ミネストローネ。
セロリー・ズッキーニ・人参・ジャガイモ・茄子・プチトマト・スピガドロの小さな花型パスタ・豆の代用は松の実にて。


e0157816_903784.gif




e0157816_99231.gif





おまけ

オーブンを温めだしたら焦げ臭いニオイが立ち込めた@@
???っと蓋を開けてみると…


先週、チーズを焼いた時でしょう。
溶け出して落下して、真っ黒に炭化しておりました。
(使用後、掃除していなかったことがバレました〜?^^;)

e0157816_965299.gif


思いっきり魚型…
by bonbonniere0826 | 2012-07-04 09:18 | 食卓では..・・・*

そろそろお夕飯の支度を…とエプロンの紐を結びだした頃、今夜は食事を済ませてくるコール。
それでは、まだたっぷり野菜室の中で新聞紙にくるまっているホワイトアスパラを食べてしまおう!



e0157816_6283536.gif





先日大量煮して小分けにしてあったボロネーゼ。
解凍して敷きつめ、やわらかく茹でたアスパラ、パルミジャーノを削りタイムをのせて焼こうではないか♪




e0157816_6321344.gif


夢に出そうなほど美味しかった♨笑 いやホント






e0157816_634024.gif

夫もお外でそれなりに美味しいものを召し上がっているでしょうが、これをのがしたのはお気の毒ぅ:^^:



e0157816_6382169.gif

by bonbonniere0826 | 2012-06-03 06:48 | 食卓では..・・・*
ごぶさたしていますぅ。
先週上海にもどりました。
5月初旬だというのに30度越えが続く上海より、またしばらく仲良くしてくださいね♪

気忙しいながらも、日本では春めくもの達をたくさんいただきました♥
一緒にくっついてきた余分なお肉を、早いところどうにかしなきゃ…



和のお夕食がずいぶん続いたので、昨夜は久しぶりにペスカトーレ。
有頭海老・蛸・帆立を買込んで、シーフード三昧なパスタに添えたのはストラッチャテッラ。


e0157816_8125142.gif


15年前、イタリア人の先生からは“大切なお料理には必ず添えるスープ”と習いました。

男性名詞straccio=ぞうきん が女性化して、可愛らしくstracciatellaと呼ばれるそうです。
ボロきれみたいな、ぞうきんみたいな、可哀相なお名前のズッパ。
簡単だからよく作ります。




e0157816_8192361.gif


2人分
1.小さなボウルの中で、卵1ヶ、パルミジャーノ(またはゴーダ)すりおろし大1.5、生パセリ少々 を合わせてかき混ぜておく
2.小鍋に、スープ600ccを温めておく
3.いただく直前に、煮立てた2のスープに1を加え、すぐさま小さな泡立て器で掻き混ぜる
大切なお料理に添えて、さぁ熱々をめしあがれ♨

昨夜は生パセリが手に入れられず、乾燥ディルを散らしました。


どうでしょう。
オンボロ雑巾に見えるかしら^^

e0157816_8285390.gif



15年前のレシピーは、ボウルの中にレモンの皮のすりおろしも加えます。
いつの間にか私はレモン皮を加えずに作るようになっていますが、加えるならほんの少しがよいでしょう。

e0157816_8281486.gif

by bonbonniere0826 | 2012-05-09 08:40 | 食卓では..・・・*
つい先日までツルンツルンだったプラタナスに、一気に若葉が吹き出してきた。
e0157816_14131181.gif





空豆が出回ると真っ先に作りたくなるのは、空豆と桜海老のかき揚げ。
上海では桜海老に遭遇できないので、小海老と空豆と玉葱で。
それでも十二分に春実感♨

喜び勇んで2パック買ったから、もうひとパックで何を作ろうかしら。

“冬によく煮込む 豚とレンズ豆の大好きなお料理”に、空豆を加えて春メニューに変身させてみた。

おおお~! 空豆を加えた方が断然美味しいじゃない!という合意^^!



e0157816_14192269.gif


豚肩ロースに塩胡椒をししばらく馴染ませたら、粗みじんの玉葱・セロリと一緒に炒め、ひたひたの水、ブイヨンを加え、柔らかくなるまでじっくり煮込む。
あらかたお肉が柔らかくなったら、レンズ豆・さっと湯がいて皮をむいた空豆も加え、豆に味がしみ込むまで煮込んでいく♨


e0157816_14375218.gif



豚肉には豆の、豆には豚肉のうま味が隅々まで沁みわたり、言葉もないほど…♨



e0157816_14324538.gif

by bonbonniere0826 | 2012-04-15 14:45 | 食卓では..・・・*