日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:上海そとごはん ( 86 ) タグの人気記事

これはまだ上海がコッテコテの夏の暑さだった日のこと。

タイ料理ランチから我が家へ流れてプチワイン会の悪だくみ⚡︎⚡️

e0157816_09465155.jpg



e0157816_09471404.jpg




6人でシェアしたのは

✳︎タイおつまみ盛り合わせ
✳︎パパイヤサラダ
✳︎エビとアスパラの炒め
✳︎泰国風鶏のカシューナッツ炒め
✳︎そしてパッタイ

e0157816_09474758.jpg



e0157816_09481914.jpg



e0157816_09490041.jpg



e0157816_09501480.jpg



e0157816_09510148.jpg


お隣りのサンルームのアヴェック。
ビニール手袋装着して豪快に喰いついていたプーパッポンカリーが最高に美味しそうだった!!!










さて、それでは第2ラウンド参りましょ♪

e0157816_09521232.jpg



ワインクーラーのない我が家。
e0157816_09524790.jpg
使うアテもないのに買ってしまった琺瑯洗面器で代用。




おつまみ覚え書き。
✳︎チーズ2種(ペッパー入りブリー・パルミジャーノ)とサラミと干し葡萄のプレート
✳︎那須のイタリア料理店のグリーンオリーブ
✳︎朝焼きたてバゲット
✳︎アボポテ蛸サラダ(パンにのせたりして)...☆
✳︎生ハムサラダ...☆
✳︎栗と小玉葱とスペアリブの煮込み
✳︎唐辛子ピーナッツ

e0157816_09535377.jpg





e0157816_09531964.jpg
完食ありがとう!



🌙



6時間におよぶプチ宴の翌朝。

途中おひとり加わり7人で泡2・白2・赤4
e0157816_09544669.jpg



今朝の会話:
夫:次の宴はいつなの?
妻:いやいや。そこはパパのスケジュール次第だから。
一堂笑


e0157816_1042982.gif

by bonbonniere0826 | 2015-09-19 10:53 | 食卓では..・・・*
先月は突発的工事が入りお休みをいただき、2ヶ月ぶりの苗族刺繍。



老板から冷たい酸梅湯に木犀を散らしたジュース
e0157816_09225190.jpg
上海人の老板いわく、子どもの頃は冰淇淋(アイスクリーム)なんてなかったから、夏はどの家でも冷やした酸梅湯を飲んで体を冷ましたの。

乾燥サンザシや洛神花・烏梅・陳皮や甘草などが1袋になって酸梅湯のもととして売られているのね。
それを煮出して漉して冷ますそう。
飲むときに木犀の花を散らすのが素敵じゃない!









さてさて。
いま新しく私が取り掛かっているはずの作品は蝴蝶妈妈。貴州苗族と万物の母である蝶々ママです。
e0157816_09384697.jpg


しかし、その布テープ作り↘︎(=家での宿題)がままならず一向に進まないったらありゃしない^^
e0157816_09412167.jpg



なので昨日は気分を変えて笑、積み残していた昔の作品を刺し刺し。(この作品、とても時間がかかるの)
e0157816_09444105.jpg




そんなこんなで、老師や老板と中国語会話のお勉強しつつ、アトリエにプラリと入ってくる欧米人観光客にハァァイ〜なんて看板娘を気取ったりしつつ、やっぱり楽しいこの空間。


ここは苗族刺繍レッスンのアトリエでもあり、且つまた刺繍作品を買うこともできる場所。
老師は先生をする傍ら、その商品の刺繍もしているんです。


レッスンが終わった頃、老師が “ちょっと来て見て♪”って。

新しいクッションの刺繍が数ヶ月を経て完成し、晴れてお店でお披露目となったそう。

素晴らしいでしょう。
e0157816_09532342.jpg
寸分の隙間もない@@!



e0157816_09571326.jpg
picori的には葡萄の房に胸キュン。



e0157816_09592903.jpg








そして、私の作品の周囲に貴州の布テープを付けていただくようお願いしてあったのが完成して戻ってきました。
e0157816_10250698.jpg
退色しないよう、安徽おじさんのところで額装してもらいましょ。




お昼ご飯のお相伴にまであずかり、何しに行ってるやら...

野菜中心のおかずは上海菜と貴州菜、ご飯は松茸ご飯💘
まるで日本風に味付けされた松茸ご飯におかずをのせて8人でテーブルを囲む。ボカァなんてしあわせなんだ...♨︎
e0157816_10384448.jpg


e0157816_17233767.gif

by bonbonniere0826 | 2015-09-17 10:48 | 習いごと*
ワイン会のお友達から入ったお話によると、時々立ち寄るショッピングモール(通称プラダビル)地下にラクサの美味しいカフェがあるっていうじゃない

スーパーマーケットがあるB1は把握していたけれど、そのまた下の階はスルーしていたわ。
私はいつも徒歩散歩で1階から入っていたから。B2は地下鉄駅から直結なんです。


早速お買い物がてらチェキラ。

e0157816_08530296.jpg
TOAST BOXはシンガポールに多くの支店を持つカフェ。
カヤトーストも食べられるみたいね。




e0157816_09021088.jpg
強烈な海老ミソとココナッツの香り♨︎ ゆで卵スライスにかまぼこスライス。まさにシンガポールラクサ

マレーシアで食べたラクサはそう言えば錦糸卵がのっていた。あれはサラワクラクサだったのか。...WIKI





e0157816_09085234.jpg
麺を引っ張りだしてみると、ちゃんと米粉。(蘇州麺だったらどうしようかと思ったーー






e0157816_09120497.jpg











スーパーに寄って少し晩御飯のお買い物。


e0157816_09133757.jpg
すごいでしょ。生山葵!
今はもうない瓢の大将が、中国でも雲南では山葵が採れるって言っていた。。




e0157816_09153763.jpg

叉焼とか北京烤鸭とか適当な大きさで買えるのは中国買い物の醍醐味だと思うけれど、指をくわえて未だチャレンジしたことはない...


e0157816_10500730.gif

by bonbonniere0826 | 2015-09-16 09:25 | おでかけ*・・..・
ご無沙汰しておりまぁす!


ネットの繋がりがすこぶる悪かったり、ようやく繋がってもログインできなかったり...
更にはMacをバージョンアップしたらば写真の取り込みだの圧縮のやり方がちんぷんかんぷんなことになり...
そんなこんなでお久しぶりにようやくここまでたどり着きました=3

写真の大きさの具合のいじくり方が未だによくわからないので若干大きめではありますが、解決するまで目をつむってくださいな^^




さて、何からupしようかしら。
では、写真が少ないものから






先週のこと。
夏休みをはさんで約2ヶ月ぶりに我が家にて花文字自主練。

約2時間集中するとお腹ペコペコ。

徒歩圏内でイタリアンへ。SEVE
店主はイタリア人、トップシェフもイタリア人。ピザ焼きは中国人。服務員も中国人。
サービスが行き届き我が家のお気に入りであぁる。


選んだのは、旬のお勧め ポルチーニのピッツァと新メニュー ジェノヴェーゼソースのボンゴレ。ランチタイムはサラダ付き。

どちらも大層美味しくて、週末 身振り手振りで夫に話したところ “それ今日食べたい!絶対食べたい!”と驚きの喰いつきっぷり。







...ってことで、まさかの週2のSEVE通い。しかも選択の余地なくまったく同じメニュー。


この日はお昼も重めだったため、前菜すら取らずただポルチーニのピッツァ&ジェノヴェーゼソースのボンゴレのみ。ワインはつけてね🍷




e0157816_10353541.jpg
グリッシーニやフォカッチャはもちろん自家製♨︎





e0157816_10401113.jpg
鼻先をくすぐるポルチーニやトリュフの香りをお届けしたい!!!





e0157816_10414752.jpg
このパスタ、なんて名前かな? Sで始まっていたような...
多分手打ち。もっちもち×10!
ハマグリも新鮮だし、パスタの中にも貝にもからまりまくったジェノヴェーゼが絶品なの!!



ディナータイムだと“リモンチェッロはいかが!?” って尋ねてくれます🍋 かなり嬉しい🍋




そしてまた同じ道を少し早足で歩いて帰る。夜散歩の風もここちよい。




e0157816_11075128.jpg



p.s. 極太空洞ショートパスタの件... その後ちょっと調べたところ、パッケリかな??

e0157816_18260461.gif

by bonbonniere0826 | 2015-09-14 11:10 | おでかけ*・・..・
e0157816_17085388.jpg


たまに、というのは夫のこと。
彼はほぼほぼ毎日お昼は中華のため、週末夜までは御免こうむるって。
たまにはね、と丸めこみ新天地へ。





e0157816_17350229.jpg





2人だとせいぜい4品程度しか頼めないのが残念。
魅惑のメニューがたくさんあるから。
円卓を囲むチャイニーズ達のテーブルは御馳走の山(羨望)!



この海老絶品。
ミソ入り頭部は唐揚げし塩と花椒で味つけ、身はニンニク生姜ダレ。
e0157816_17362510.jpg







雪菜(高菜漬けみたいな)とシャキシャキもやしの炒め。
e0157816_17474513.jpg







豆腐部門から、肉詰め豆腐とトロトロ茄子の豆豉甘辛煮込み。
e0157816_18013767.jpg

e0157816_18040748.jpg







蟹肉のパラッパラ炒飯♨
e0157816_18050390.jpg




やはり翡翠酒家は間違いないわね〜 満足満足っ!と帰路につく。




e0157816_18083309.jpg






e0157816_18170947.jpg



e0157816_18260461.gif

by bonbonniere0826 | 2015-09-01 19:53 | おでかけ*・・..・

ORENO 上海1号店

貴州旅をupしたいのだけれど、何か鬼門なのか?苦笑途中何度も消えてしまうので気分を変えまぁす^^





日本のあの “俺の” が上海にやって来た!

というわけでワインの好きな方々と早速出掛けてみる


場所は上海一大観光スポット 新天地。
e0157816_08591502.jpg






e0157816_08351329.jpg
東京・香港で行列のできる人気レストラン“俺の”がやってきた





もちろん日本でも未体験。



e0157816_08373466.jpg



上海なのだから中国料理が美味しいのは当たり前。
しかし外国料理となると、開店当初こそ本国のシェフを招いて評判をつけても、いつの間にやらチャイニーズに引き継ぎアレレ?ってなケースの多いのが事実。


俺の も日本人シェフがいるうちに急がなきゃ〜



e0157816_08382673.jpg



e0157816_08505560.jpg





e0157816_08511328.jpg





e0157816_09163951.jpg





e0157816_08512921.jpg





e0157816_08542046.jpg





e0157816_08543214.jpg





e0157816_08572058.jpg





e0157816_08581459.jpg





e0157816_08583128.jpg





e0157816_09054870.jpg



久しぶりに、きちんとふつうに美味しいイタリアン(+フレンチ)をいただいた

*プロシュート
*海老とブロッコリのアヒージョ(ニンニク感は薄くあっさり)
*バーニャカウダ(ジョシノテイバンとあなどるなかれ ソース絶品)
*シーザーサラダ(厚切りパンチェッタ
*ビスマルク(トリュフとポルチーニソース香る♨)
*鴨とフォアグラのソテー
*フォアグラソテーのっけチーズリゾット
*泡1・白1・赤3 最後フレンチフライ





予約できるのは15時・17時15分・19時30分。
15時・17時15分スタートは2時間入れ替え、最終回は席が空いていれば引続き1階でピザと飲み物ならいただける。


俺の割烹も進出予定だそうな!!

e0157816_09035471.jpg

e0157816_09334362.gif

by bonbonniere0826 | 2015-07-16 09:45 | おでかけ*・・..・

ロブスター泡飯♨


貴州省旅をもう少しうっちゃり..

5月には送別のお食事で、6月には歓迎のお食事で、と2度の利苑。
香港の人気店で、鮑やフカヒレなど高級食材もあるけれど、その辺りの頁はあっさりスルーし点心三昧

とびきり美味な利苑の点心の数々と絶品の泡飯を、どうぞ召し上がった気分になってください




e0157816_12585892.jpg

ちょこちょこっと焼もの2種






e0157816_13024672.jpg

プリプリ海老がプルプル腸粉に包まれて...






e0157816_13043824.jpg

パイのミルフィーユ(もちろん甘くはない!)の中にはトロトロ大根餡






e0157816_13161825.jpg

定番中の定番 水晶海老餃子と大根餅はやはりはずせず。


e0157816_13231762.jpg








e0157816_13263244.jpg

利苑だと春巻きはこうなるらしい。美しい!






e0157816_13305076.jpg

野菜の蒸し餃子もフォトジェニック。。。






e0157816_13341427.jpg







そしていよいよロブスター泡飯よ

e0157816_13391573.jpg



粤菜(広東料理)ではメニューに泡飯があれば必ずオーダーしちゃう。


泡飯とは敢えて例えるなら雑炊、のようなもの。
粤菜のお店で出される泡飯は、揚げたお米を熱々土鍋のスープの中にジュジュッと加えたもの。
表面がカリカリなのでスープに浸かってもいつまでもパリパリで香ばしく、とても美味しいの。

利苑の龍蝦湯西施泡飯(西施は春秋時代の四大美女のおひとり)
揚げたロブスターがごろごろ入っていて、スープはロブスターのミソが香り、くぅぅぅ! 絶品!!!





ローカルで賑わう龍鳳楼というお店にも絶品の泡飯があるらしい。巨鹿路に潜入しなきゃ!

ロブスターものではないけれど、3年と4ヶ月ほど前に泡飯の記事をあげていたのでリンク→


泡飯love♥♥♥



e0157816_16162301.gif


by bonbonniere0826 | 2015-07-05 16:44 | おでかけ*・・..・

フランス租界の水餃店

カフェやビストロやバーが点在する路。

ひと月ほど前のこと、久しぶりに通りかかると周囲の風景にそぐわない真っ赤な提灯。 Dumpling 手工水餃


e0157816_08253536.jpg




美味しいらしいと聞いて、週末出掛けてみた。

e0157816_08284675.jpg


具材は8種。
ひと皿12個入り。
18-20元。


e0157816_08395441.jpg
スマホで撮ったからか腕なのか冷めて見えると思われますが(笑)、実は茹で上がりホヤホヤ〜

豚肉と韮の水餃子♨♨♨





e0157816_08495277.jpg
使えるお店がひとつ増えたネ✨✨

e0157816_08520956.gif

by bonbonniere0826 | 2015-06-24 08:56 | others・・・*
その名もズバリ!臭豆腐chòu dòufu 💨

作り方やビジュアルには地域差があるらしく、先日観たBSの紹興特集では、青菜の汁に長期間漬けて醗酵させた豆腐を揚げていた。
台湾では屋台小吃としてポピュラーみたい。
ここ上海でも豫圓などの観光地ではその悪臭をブンブンただよわせているわーー



本帰国が決まった花文字シスターズの次女さん、臭豆腐を食べずして帰国したらきっと夢にみそう!とまでおっしゃるので、先日みんなで試食に行ってみました。

とは言え屋台のものは食べられないので、出掛けたのは紹興料理を出すレストラン 孔乙己酒店。
紹興といえば魯迅。その小説 “孔乙己”が店の名。





場所は老西門駅近く。
何でもこの界隈、暗くなると大層物騒だそうで。

e0157816_10085298.jpg



e0157816_10121556.jpg


e0157816_10124681.jpg
たしかに鄙びている...



e0157816_10201228.jpg
こんな髪型した坊やにはじめて遭遇したわ。







ここですね。
e0157816_10170917.jpg




e0157816_10192228.jpg




e0157816_10314841.jpg




やはり上海料理店とは店内の趣きが異なります。
e0157816_10360902.jpg




メニューは魯迅に因んだものもちらほら。
e0157816_10410432.jpg






お茶は枸杞菊茶にし
e0157816_10460288.jpg




とりあえずの茴香豆。そら豆を醤油と紹興酒とウイキョウで煮た紹興のおつまみ。
e0157816_10491483.jpg



e0157816_10533153.jpg




海老の紹興酒煮
e0157816_09364065.jpg



白菜の干鍋
e0157816_09370786.jpg



ほんのりカレー味の鶏肉スープ。を頼んだはずがモツが来た><
e0157816_09373353.jpg



上海料理の代表格、紅焼肉。飴をからめたような甘ダレの豚肉。
e0157816_09375895.jpg





そして今回のメインイベント?臭豆腐 “千里飘香”
e0157816_09384999.jpg
感想。
思い出すのもおぞましい><
鼻に近づけた時よりも、ひと口噛んだ時の臭いがぁぁぁ(号泣)
納豆を初めて鼻に近づけた欧州人の心境に近い!?

中国人でも好んで食べる人は少ないみたい。この臭いは食べものの域を千里越えていると思うのですが、はてさて〜(再号泣)


e0157816_09395375.jpg



e0157816_10280187.gif


by bonbonniere0826 | 2015-06-17 10:57 | おでかけ*・・..・
「四川人不怕辣,湖南人辣不怕,貴州人怕不辣(四川人は辛さを恐れず、湖南人は辛くとも恐れず、貴州人は辛くないのを恐れる)」

中国3大辛い四川料理・湖南料理・貴州料理を例えるときによく使われる諺。

ごくごく大雑把に3つ菜の特色を言えば、四川菜は唐辛子の辣・湖南菜は花椒のしびれる麻・貴州菜は酸っぱ辛い酸辣で、3大辛のトップ辛に輝くのは貴州料理だそう@@!
(貴州料理の辛さについてはwikiをどうぞ! おぉ辛そう><

e0157816_09024764.jpg


行ってみたのは南京東路の干鍋居。
e0157816_09072391.jpg
眼鏡・ハサミ・漢方薬などの老舗の多い歩行者天国。
でも外国人を見つけては客引きをする、ちょっと気の抜けない路でもある^^:


e0157816_10121446.jpg





メニューには辛さの度合いを表す唐辛子マークあり。
店員さんの名札も唐辛子型!(笑)



さぁ、チャレンジしましょう!

e0157816_09121271.jpg
虎背龍脳

すごい名前^^
冷たい絹ごし豆腐1丁に食べる辣油がたっぷり。これは美味しい!
(おいしい)白ご飯プリーズという感じ。





e0157816_09150603.jpg
苗家干鍋鶏

店名の干鍋とはこれなのね。
鍋の下から火で炙り、えも言われぬよいかほり漂う...
パリッパリの揚げ鶏に複雑なスパイス臭。何なのこの美味しさ!!
島唐辛子(風)やニンニク丸ごとゴロゴロ、蓮の実なども。





e0157816_09225417.jpg
ジュージューグツグツの干鍋を掻き回すの図。

そして干鍋の向こう側には有机花菜鍋(有機カリフラワー鍋)。
これは中華料理店で頻繁に見かけるお料理。醤油の香ばしさが非常に美味しい。



e0157816_09270270.jpg
貴州小炒皇
白黒木耳や野菜たっぷりの塩炒め



e0157816_09551528.jpg
養顔山葯

山芋は山の薬♪と思い頼んだけれど、あまりにも上のお料理と似過ぎていて、こりゃ失敗!^^:




そんなこんなで心配していたほどの辛さではなかったものの、汗を拭き拭きお扇子で扇ぎつつの初めての貴州菜、気に入った!!

本場の貴州菜ははてさてどんなかしら〜...?


e0157816_09592406.jpg

e0157816_10000589.gif

by bonbonniere0826 | 2015-04-28 10:12 | おでかけ*・・..・