日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

昨年にひきつづき(去年は撮影せず)、今年も“大閘蟹(上海蟹)を本場 蘇州の陽澄湖で味わおうじゃないかツアー”のお誘いをいただきました
e0157816_1010153.jpg

陽澄湖へは上海から車で約1時間半ほど。
でも大閘蟹シーズンの『上海蟹渋滞』^^のため、この日はたっぷり2時間半かかりました=3

今年は陽澄湖 蓮花島のレストラン。
島と言っても陸つづきのため、駐車場から歩けば20分。ということでこんなミニバスでレストランまで送り届けてもらうことに。
e0157816_1092012.jpg

お店の名前を伝えるのですが、運転手のお兄さんにまったく伝わらず^^:
予約を入れたおばさまと運転手さんのやりとりが、まるで漫才のようで爆笑でした。
おばさまの発音が上海なまりのため、一旦は別のお店へ連れて行かれてしまう始末(爆)。
中国人同士でも伝わらないことってあるんだ。ほんのちょっとした発音の違いが原因なんでしょうけれどね^^:


そんなこんなでようやく到着したのは
e0157816_10223381.jpg



湖上に乗っかったこんなレストラン。
e0157816_10235393.jpg


陽澄湖畔、湖上で大閘蟹を食べさせるお店は山のようにありますが、ここでお店を開くのは9月〜12月の蟹のシーズンだけなのだそうです。(4ヶ月労働で残り遊んで暮らせるのかっ!?)
いえいえ、おそらくこれらのお店は農家兼業。
蟹シーズン以外は、野菜を作り、草鶏を飼育し、テーブルに並ぶ食材を育てているのです。自宅で农家菜(農家料理)でもてなすレストランを営むお店もあるそうです。





席に着くや否や、お料理はどんどこ運ばれてきます。こんな具体に。


e0157816_114216.jpg




e0157816_1144857.jpg




e0157816_1152651.jpg




e0157816_1161511.jpg




e0157816_1165444.jpg




e0157816_1173870.jpg




e0157816_118124.jpg



どのお皿もほんと好吃!!
この間、picoriは紅酒(赤ワイン)とビール。
お酒を召し上がらない方は
e0157816_1193258.jpg

ココナッツジュース率高し。








そしてついに大閘蟹さまご登場。
e0157816_11104362.jpg

大きいの何のって、250〜300g級だそうです♪


生姜とニンニクのみじん切り入りの黒酢をつけて、紹興酒とともに堪能しました

^^:上海蟹を食べると全指がミソで真っ黄色。マイキャメラを持てない状況になるため、肝心のミソ周辺のお写真はなしでございまぁす、悪しからず!


そして、最終的にテーブル上はしっちゃかめっちゃかとなります。
e0157816_11172081.jpg

もはや何を撮っているのかどこを狙っているのかもわからないこの写真は、蟹の中に住む“お坊さん”=心臓。
お坊さんの姿はぼやけて見えませんが(爆)、しっちゃかめっちゃかっぷりは伝わるかと。



e0157816_1129489.jpg



帰りは湖上をモーターボートで。
膝の上にはお土産蟹死守!!
e0157816_11222993.jpg


今シーズンはあと2度、上海蟹レストランの予定があります。
上顎にぺったりへばりつく濃厚なミソを温かい紹興酒で流しこむ歓び♨♨♨



e0157816_1128373.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-27 11:47 | おでかけ*・・..・
雨の日曜日。
でも娘は何のその! “あのお洒落通りのガレットを食べに行こう!”



●もう1年以上前のことになったけれど、通った学校のそばの 小さいけれど何を食べたってはずれない東北菜店(お店のおかみさんは上海のおばさんの中で最も優しいそうです^^)
●懐かしい生煎(焼き小籠包)は今では最寄り駅にさえ支店が出来ているけれど、一番愛着のあるのはやっぱり黄河路店
●外灘和平飯店のおじいちゃんばかりのジャズバンド
●マンゴーデザートもやっぱり押さえたい、で鹿港小鎮
●あるモデルさんがブログで紹介していたらしい新楽路のセレクトショップ… … …
彼女ったら行っておかなきゃ、なお店が目白押し。

e0157816_8585786.jpg

ブルターニュのガレットが食べられるのはLa Creperie。
お里の味を懐かしんでか、店内にはフランス語が飛び交います。
平日に通りかかってもいつも流行っていますが、日曜のランチどき。
少し遅めの時間を狙って出掛けたけれど、私たちの前に9組待ち。優に45分は待たされました。

お腹はぺこぺこ最高潮。

e0157816_9313472.jpg






寒かったので本日のスープ パンプキンスープから。
e0157816_912563.jpg

カボチャの質が違うから、明らかに日本のカボチャで作るパンプキンスープとは異質のスープ。
上海カボチャは繊維質が少ないからさらりとして、でもお味は極極濃厚



甘いのもおかずなのも食べたいんだ♪ってことで、
シュガーバターなガレット。
e0157816_9152811.jpg

そこはかとなくおいしい・・・





e0157816_925442.jpg





e0157816_9164085.jpg

待ってましたなこれこれ!
ハムとトロトロチーズのはさまったガレットにガーリックが効いたマッシュルームをのせて、卵をからめていただくの! んもう最高っ♬


お昼を食べ終えたのはこの日、すでに3時を回っていましたとさ。



そう言えばふと思い出した。
上海へ上陸してたしかすぐでした。
二人で調べてBLUE CHAIRという美味しいガレット屋さんがあることを知り、不慣れな上海、襄阳路まで出掛けていった大冒険!
ようやくたどり着いたというのに、あるはずの場所にお店はなく…。
今ならよくわかるけれど、上海の店仕舞、入れ替わり、店舗改修の凄まじさ!
結局あの日、脳内ガレットはその後どこのお店の何によって解消されたのだったかしら(笑)



e0157816_9264342.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-26 09:57 | おでかけ*・・..・
11月に入りlotus pond的には異例のペースで更新していましたが(笑)、先週半ばから娘が大学祭休みを利用して来海♬ 途端、自由時間激減、よってペースダウンしています。

昨日は上海蟹の本場、陽澄湖上のレストラン(…ってほどじゃぁないな、掘っ建て小屋)で巨大大閘蟹(上海蟹)にかぶりつき、その後蘇州の街へ足をのばしました。
お土産の蟹もいただいたので去年の上海蟹講座を思い出し、家蟹も楽しみたいと思っています。
その件はまた後日。。。




ひと月前のスイス旅を懐古…もう少しつづきます。

e0157816_824253.jpg

e0157816_8203067.jpg


Yeah! Interlaken!!
インターラーケンって名前、イカしてるぅ!って思うのは私だけかしら^^
トゥーン湖とブリエンツ湖。ふたつの湖(ラーケン)のあいだにある町 インターラーケン。

アイガー・メンヒ・ユングフラウ 4000m級の山が連なる山岳エリア(ベルナー・オーバーラント)への玄関口だから、インターラーケンに行かれたことがある方は多いのでは。

西端ヴェスト駅、東端オスト駅をつなぐ1.5キロほどのショッピングストリートは何度往復したことか。
ベルンのアーケードは日曜休業が多かったけれど、ここインターラーケンはどのお店も賑わっていました。



e0157816_743479.jpg




e0157816_8235196.jpg

どの建物のあいだからも雪をかぶった山々が背景って素敵!



e0157816_8332544.jpg







上海 新長発ブランドの栗子に今秋も目がないpicoriは、スイスのマローニをティステイング♨♨♨
e0157816_834835.jpg


e0157816_8364139.jpg


e0157816_8371864.jpg


e0157816_935935.jpg

ホクホクは絶品だったけれど、翌日の冷めたマローニは駄目だったわ。
上海栗子なら翌日も美味だけれど。





e0157816_8381120.jpg





小さなスーパーに入ってみるとチューリッヒの朝のチューブ発見。
歯磨きチューブ大のこのチューブ、スイス中の冷蔵庫に常備されているのかな。
e0157816_8384646.jpg





e0157816_924731.jpg









インターラーケンの夜は
e0157816_985937.jpg




e0157816_993556.jpg




お約束のチーズフォンデュを。
e0157816_9103914.jpg

パンをお鍋に落としたら、女子なら右隣の男性にkiss、男子なら全員にワインをおごらなければならない、あのチーズフォンデュ。
絶対にパンを落とさない秘技を知っている私は悠然とワインとフォンデュを堪能(笑)
でも結果、誰ひとり罰ゲームになった方はいなくて、よかったのか悪かったのか…


e0157816_918364.jpg



鍋底で焦げたもっとも美味しいところは大人のベイクドチーズケーキ  
e0157816_918388.jpg



e0157816_921758.jpg




明日はハイジの山へのぼります。
でもその前に、ホテルの様子をお届け。の予定***



e0157816_9272843.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-25 10:14 | 旅...。。+。。

初雪のベルン(Bern州Bern)

e0157816_8363426.jpg

e0157816_8374175.jpg


12時間睡眠とガスターのおかげで消化不良もすっかり癒え、朝にはやかましいいつものpicoriに。
この日はルッツェルンを出て首都ベルンへ移動します=3




e0157816_8444785.jpg


天気予報は大当たり!
前日夕方からやけに冷えるねぇ と思っていたら朝には雪景色
現地でも今年初めての雪だという


e0157816_8583910.jpg







午前中は雪のベルンを散策。

スイス連邦の首都Bern。
街の名を何とつけよう という段になり、街の創設者ツェーリング公の“それじゃあひとつ、最初に射止めた動物の名をつけようじゃあないかっ”のひと言で熊がその由来となりました。

連邦議会議事堂前の広場からお散歩はスタート。
e0157816_901665.jpg





ヨーロッパ最長6kmのアーケードを西から東へと進みます。
日曜のためお店はほぼ休業。それでも充分ディスプレイを楽しむことができます。

この美味しそうなブリオッシュアテート
e0157816_965815.jpg





南部鉄器…ですよね? 世界的に流行中なの? 上海でも見かけます。
e0157816_9102124.jpg








e0157816_9504264.jpg

マルクト通りとクラム通りの交わるところには、ゼンマイ仕掛けの時計塔。
天文時計とからくり仕掛けは16世紀から休まず働きつづけ、でも今では仕掛けが動くのは毎時4分前^^。
黄金の鶏、砂時計を持った男、金色のハンマーで1時間ごとに時を告げる3つの仕掛けに、その後武器と楽器を持つ熊たちが踊りだし、鶏が鳴き声をあげ、足を上げて鐘を鳴らす道化師の仕掛けが追加されたそうです。

e0157816_9124376.jpg

残念ながら仕掛けの動く様子は見られず。




e0157816_9481828.jpg







シュピタル通り→マルクト通り→クラム通りとつづくメインストリートには11の噴水があります。
バグパイプ吹きの噴水・射撃手の噴水・正義の女神の噴水・子喰い鬼の噴水…とその名も楽しく。
市内全体だと100ほども噴水があるのですって。

e0157816_9512481.jpg

この噴水は“サムソンの噴水”
よく見ると結構怖くって、黄金の動物の口をサムソンが裂けてしまいそうなほど拡げています。



噴水だけでなく通りの建物の壁からは楽しい像も飛びだしています。
e0157816_1022137.jpg











威風堂々たる大聖堂
e0157816_10335131.jpg

内部を見学することはできませんでしたが、天井の装飾、窓の巨大なステンドグラスがそれは素晴らしいそうな!



大聖堂の前のミュンスター広場
e0157816_1042847.jpg



アーレ川を見おろす素敵な公園でした。
e0157816_10433174.jpg



パパと小さな女の子がかわいい初雪遊びしていましたよ。
e0157816_1045668.jpg










そしてニーデック橋を渡った先にはなんとっ!
e0157816_10462065.jpg




熊公園♪ 丸々〜! 街のシンボルですからね。
e0157816_10473959.jpg









e0157816_10492949.jpg




駆け抜けるようにまわった日曜朝のベルンの街。

南東へ走り、午後はインターラーケンでゆっくり過ごします。
インターラーケンは日曜も休まず営業しているから、お買い物、お買い物〜お買い物ったらお買い物〜〜
e0157816_10502032.jpg




e0157816_10521296.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-19 12:02 | 旅...。。+。。
e0157816_9461231.jpg



5日遅れとなりますが、今週 “lotus pond” が4歳のバースデーを迎えました。

これからも
 上海の好吃的東西(おいしいもの)、日本の舌鼓打っちゃうもの
 旅で出会った心に焼きつけたい風景
などなど気侭に綴っていきます。


ボージョレー・ヌーボでお祝い!といきたかったところだけれど、中国は関税の関係で市場に出るのが遅いそう。
街のエノテカまで行けばもう手に入るみたいだけれど、ご近所の輸入食材屋さんのワイン棚には、昨日現在置かれていませんでした。



e0157816_9275428.jpg
e0157816_928259.jpg
e0157816_929174.jpg
e0157816_9293676.jpg


                  ♨
                  ♨
                  ♨



コメントをいただけることは上海暮らしの私にとって、とてもとても嬉しいこと。
どうぞお気軽にお寄せくださいね♬



e0157816_9321732.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-18 09:53 | ごあいさつ..・*..

e0157816_931786.jpg




冷蔵庫一掃週間(夫6日間出張につき)=おひとりさまおつまみ。



・豚挽肉(100g)
・山芋(20㎝程度)…5㎝長さの細めの拍子木
・セロリー(敵量)…5㎝長さの細めの拍子木
・万能葱(1/4束)…5㎝

・春巻きの皮…5、6枚
・甜麺醤 適量(または海鮮醤
・鶏ガラスープ…少量を1/2cupのお湯に溶いておく(ごく薄味に!)
・水溶き片栗粉…大匙1
・揚げ油適量


おひとりさまなのでささっと仕上げて早く飲みたいところ♪


1.フライパンを中火にかけ、少量のオイルで挽き肉・セロリー・山芋を5分ほど炒める。
2.1にごく薄味のスープを注ぎ煮る。汁気が大匙2程度になったら葱を加え、水溶き片栗粉を全体に併せ、そのまま冷ます。
3.春巻きの皮をひろげ、□の手前1/3に薄く甜麺醤をぬる。
4.冷めた具を枚数分等分にし皮にのせ、お好みの巻き方で巻き少量のオリーブオイルで揚げる。熱々を召し上がれ…♨



実は最初、挽き肉と山芋と葱だけで1本揚げてみました。
ところが何ともパンチがない。
…でお残り(というかほぼ常備食材)セロリーを加えたところ、ふふふ〜ん=3
パンチが加わり醤に負けない具となりました。


前夜のお残りチキンをサラダ仕立てにし、おつまみワンプレートに。(え?おつまみの量じゃない?)

***サラダにお肉があるならば、春巻きの具は挽き肉抜きの野菜だけでもいいですね。



e0157816_1074644.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-17 10:23 | 食卓では..・・・*
先週半ば夫から、何かの拍子に見つけたらしい情報誌の紙片を手渡されました。

《DESIGN COLOURS LIFE -
     CONTEMPORARY FINNISH DESIGN AND MARIMEKKO》



…ということで、人民公園内にある上海当代芸術館へ行ってきました。

ちなみにmarimekkoの中国表記は“玛莉美歌”だそうです^^
ほんと何でも漢字(簡体字)表記にしてしまわれるので^^;気づかず見逃すことが多し!


e0157816_17127100.jpg



こういったイベントでは入り口で伺うようにしているのですが、写真撮影禁止 ということはまずない上海。
会場でもカメラ女子が一眼で狙いを定めていました。
上海はいま空前のカメラブーム。街中にCANON・Nikonの一眼をぶら下げた人の多いこと。


1階
e0157816_1744520.jpg





e0157816_1725451.jpg





e0157816_1793059.jpg









1階から2階へのスロープには
e0157816_171626100.jpg





e0157816_17193744.jpg





e0157816_1722691.jpg





e0157816_1722519.jpg








2階
e0157816_17235153.jpg




e0157816_17251536.jpg




e0157816_17283133.jpg






キッズコーナー? ちびっ子の姿ゼロでした^^:
e0157816_17291449.jpg


こちら上海当代芸術館ではデザイン・現代アートの展示が今後もつづくみたい。目が離せません。
この勢いでMARIMEKKO実店舗も上海に現れないかしら。










休日の人民公園では恒例、青空お見合い合戦が繰り広げられていました。
e0157816_17365396.jpg





e0157816_175920100.jpg





e0157816_17354954.jpg





e0157816_1741440.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-16 18:11 | おでかけ*・・..・
e0157816_7425352.jpg

e0157816_743223.jpg



翌日、朝食を済ませた私たちはピラトゥス山(標高2132m)へ。
(↑ 左側の、山を登っていく赤い登山列車に乗って)


ピラトゥス山は、イエス・キリストを処刑したとされるポンティウス・ピラトゥスの霊が宿る、ドラゴンが棲む など数々の伝説をもつ恐山!

麓のアルプナハシュタットから出発し、山頂のピラトゥス・クルムまでは片道約40分。


e0157816_7595985.jpg

列車のボディ、乗務員の制服、あちらこちらピラトゥスのシンボル=ドラゴンだらけです。




e0157816_813189.jpg

世界一の急勾配(1km進むごとに480m上る)を登る登山列車だから、わかるかしら?
列車の形ときたらなんと、平行四辺形なんです^^




e0157816_831548.jpg

登りはじめるとついに雨が降りはじめ、




e0157816_86150.jpg

中腹あたりからは吹雪いてきました。


運がよければシュタインボック(野生のヤギ)にも会えるそうですが、このお天気じゃどこかに隠れていたのでしょう。



e0157816_8102479.jpg





e0157816_8141271.jpg






e0157816_9402130.jpg









山頂のレストランでは、ピラトゥスの地ビールと豚肉料理を。
e0157816_818557.jpg

e0157816_8182649.jpg

お肉料理は見た目よりずっと^^美味しかったのです! ソースは絶品だったわ。

e0157816_8193666.jpg

ドラゴンったらこんなところにまで…






時計はそろそろ3時を回り、同じ列車で麓まで降りていきました。
帰りはややのんびりしたジェットコースター的な感覚♪
e0157816_8211076.jpg




e0157816_8222530.jpg










ルツェルンの街を少しだけ散策しました。

有名なライオンの記念碑。
パリ テュイルリー宮殿で戦死したスイス傭兵の慰霊モニュメント。
e0157816_8244320.jpg






e0157816_8402418.jpg






こちらはルツェルンのシンボル カペル橋。
e0157816_8305898.jpg


渡ってみたかったのですが、このあたりから私の体調がやや不調に…^^:


ルツェルンのお買い物もイタリアンディナーも諦め、速攻ベッドに潜り込み12時間爆睡しましたzzz.
(翌朝夫いわく、ママの好きそうなお店でお料理も相当美味しかったよ!)
やられたわーー:の思いもつかの間、ガスターと爆睡のおかげですっかり回復し気分は晴れやかに!!
(実は胃の消化不良による吐き気とお腹の張りで苦しんだという…お恥ずかしいっ)



朝食はごくごく控えめにし、フランソワの運転で熊の街 ベルンへ移動します。



e0157816_8504914.jpg




e0157816_8594243.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-16 09:44 | 旅...。。+。。
e0157816_733455.jpg


e0157816_8275690.jpg


宝石の街から向かったのは、ラインの滝。
高低差23m。でも幅は150mあり、ヨーロッパ最大の滝だそうな。






e0157816_7193138.jpg


滝の楽しみ方は2通り
②ピンクルートなら、ラウフェン城にのぼる丘の麓に船をつけ、途中の見晴し場から水の流れを見下ろす、または城までのぼり上から滝全体をみる。
①イエロールートなら、滝の中央にある岩まで船でいき、しぶきを間近に感じる。



私たちはルート①!



e0157816_7353350.jpg







小さなボートに乗りこみ、滝の中央の小岩まで渡るのですが…
初めは順調に進むものの、滝を目前にすると船尾をフラフラさせ、一向に最終地点に着けない!(笑)




e0157816_743367.jpg




これは楽しそうじゃない!と乗り込むと、ボート内はヒーターで温められていてすこぶる快適でした♨♨♨



e0157816_82451.jpg








e0157816_8225122.jpg








e0157816_712598.jpg





この時期は水量が少なく、雪解け水の流れ込む春先だったらどんなにダイナミックでしょう!!
滝に虹がかかる姿も見てみたい。




e0157816_8375784.jpg

お尻をふりふり、お迎えの船が到着。
マイナスイオンをたっぷり浴び体も冷え冷え、また温かいボートの中へもどりましょう。





朝から夕刻まで、楽しいスポットばかりを巡った一日。

ザンクト・ガレンを経由し、明日まわる街Lucerneルツェルンへと走ります。

e0157816_8423718.jpg



e0157816_8494840.jpg

e0157816_8463256.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-14 08:56 | 旅...。。+。。
e0157816_1052484.jpg



山頂からくだって向かった先は、ラインの宝石 Stein am Rhein。


e0157816_1214261.jpg


アーチの門をくぐるとその街が“宝石”と言われる理由がわかりました。



扇の形の小さな街は、壁画の彩り華やかなまるでおとぎの国。
e0157816_1050334.jpg







旧市庁舎前広場
e0157816_11293458.jpg







壁画のあるホテル アドラー
e0157816_11155374.jpg

『ウルスリのすず』の絵本作家カリジェの作品だそうです。









そして通りの両側には、うきうきなお店ばかりが並びます。
e0157816_11403692.jpg







e0157816_11375429.jpg






SPATHでは、たくさんのおまけに気をよくし♪
e0157816_11415977.jpg



e0157816_11473192.jpg


ピスタチオやナッツごろごろ入り岩みたいなチョコは、もうあと5枚は買うべきだった




e0157816_11511613.jpg







e0157816_12123253.jpg



e0157816_11524792.jpg






エーデルワイスパスタのエピスリーは、このお店なんです。
e0157816_1154241.jpg


e0157816_1158955.jpg

ね!? 迷うでしょう?^^







e0157816_117578.jpg





今にも泣き出しそうな空の下、時計はすでに夕方ですが、本日のメインイベント会場へ移動します=3

e0157816_1241155.jpg





e0157816_125151.gif

by bonbonniere0826 | 2012-11-11 12:38 | 旅...。。+。。