日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

水曜の夜は大忙し=3
それは7時前に帰宅するパパの中国語レッスンのために、王老师(王先生)が8時にやってくるから。
昨日の午後はわたしも学校へ出掛けていたので、気忙しいったらありゃしない!
そんな夜には、茹で時間だけあれば完成♪なお手軽(だけれど美味しい)なこのパスタ頼みなのです^^

e0157816_163038100.jpg


レシピというほどのものでもありません。

2人分
・スパゲティなどのロングパスタ 適量
・オイルサーディン缶 2缶
・太葱 1、2本(斜め切り)
・めんつゆ

e0157816_16511668.jpg

1.パスタの袋に記載されている茹で時間の1分前にタイマーをセットし、パスタを茹でる。
2.その間に、フライパンにオイルごとサーディンを移し、大きめにほぐす。
3.太葱をたっぷり加え、めんつゆをストレートでひたひたまで注ぐ。
4.くずれやすいのでそっと全体を混ぜ合わせる。
 葱に少し火が通った程度で火を止める。お味をみてしょっぱいようならパスタの茹で汁をほんの少し足してください。
5.茹で上がったパスタを器に盛り4をのせてつゆもかけ、お好みで粗挽き胡椒と金胡麻をたっぷり、貝割れなどをトッピングしたら、さぁ召し上がれ♪ (ほら、早いでしょう〜?^^)

昨夜は、いかなごのくぎ煮と少し乾燥してしまった海苔を煎り合わせて作っておいた自家製ふりかけをトッピング。

e0157816_16565814.jpg


これは、お友達のJちゃんにおそわった、葱をのせたサーディン缶にめんつゆを加え缶ごとトースターで温める簡単おつまみの応用編です。
週末ブランチにもおすすめです♪






e0157816_1743975.jpg

ローカルストリートでよく見かけるこの光景。
中央に立て掛けられている黒い棒の束から一本取り出して、鎌で器用に皮を取り除いたらお客さまに渡ります。
さとうきびです。
老若男女よく買っていて、ガシガシと噛んでいる光景をよく見ます。

e0157816_17151486.gif

by bonbonniere0826 | 2011-04-21 17:33 | 食卓では..・・・*
e0157816_16234919.jpg

歌声が聞こえてきそうじゃないですか♪


e0157816_16275523.jpg

歩道脇の白壁には、えんじのペンキで素敵なイラストが描かれています。

実はこれ、小学校。
どんな楽しい授業が繰り広げられているのでしょう。
屈託ない笑顔が今にも飛び出してきそうな可愛い窓です^^



最近わたしがようやく使えるようになった公共汽车ゴンゴンチーチョー(=バス)に揺られて、お買い物に出た時に見つけた可愛い風景です。


e0157816_1641595.jpg

よ〜く見ると上部掲示板の路線番号96の前に雪マークがついています。
バス前面の掲示板には『*空調96』とかなりの大きさで光っているんです。
空調付きであることをそんなにアピールする必要があるのか…^^;と当初家族で笑っていたのですが、空調付き2元(26円)、空調無し1元(13円)と料金が倍異なるのでアピールのし甲斐もあるのでしょう。

私がよく使う路線のバスには、車掌さん(おばさんのことが多い)が車両中央あたりに座っています。
乗客が乗り込んだ後、車内がどんなにギューギュー詰めでもこの車掌さんは乗客を掻き分け、ただの1人だって無賃乗車なんかさせないよ!の形相で前の方まで料金回収に回ります。乗車してくる人の顔やいでたちをしっかり記憶しているようです。
そして次の停留所までに慌てて中央部の定位置へ戻ります。
その様子が何度見ても可笑しくて、毎度笑いをこらえて乗車しているのはおそらくバスの中で私だけでしょう^^;

ゴンゴンチーチョーには下車を知らせるボタンはありません。
実は私がバスに長らく乗ることが出来なかった最大の理由はここにあったのです。
自分が降りたいバス停が近づいたら、後部ドア(場合によっては前部でもよし)の前に立ちはだかり、バックミラーで確認する運転手さんに“次で降りますよ〜”と態度でアピールするのです。
一度目の当たりにしたのは、若い女の子がアピール不足で運転手さんが気づかず、そのまま停留所を通り過ぎようとしたら、その女の子、耳をつんざくような甲高い声で“シャー!シャー!(下ります!)”と雄叫びをあげたのです! 卓球の愛ちゃんが一本決めた時のまさにあの声です。
運転手さんを怒らせたのは言うまでもなく、女の子も負けじと悪態をついて降りていきましたーー;
ああ、やはり… 何かで読んだことは事実だったのだ。。。><
私にはとてもあの声は出せまい。。。(日本なら間違いなく出します(爆))
だから、勇気を出して乗るゴンゴンチーチョーでは、前の停留所を過ぎた頃、“はい、すいませんね〜”と人を掻き分けてでも、出口前で仁王立ちしていなければならないのです。
最近ようやくバスの状況が摑め、そんな車内の様子も楽しめるようになってきました^^


e0157816_17302459.gif



きのう、こちらへ来て初めて穴子を見つけました。
それでは…と煮穴子を散らしたちらし寿司を作りました。

e0157816_17344048.jpg

シンプルな何でもないちらし寿司です^^
がしかし実は、酢めしの配合が銀座久兵衛のレシピーなのです。
合わせ酢は酢:砂糖:塩=4:2:1が黄金比率。
刻んだガリと金胡麻をたっぷり混ぜ合わせた食感のよいご飯です。
久兵衛のちらし寿司は甘く煮詰めた干し椎茸もポイントの一つなのですが、昨日は干し椎茸が入手できなかったため、少し淡白な寿司飯となってしまいました。
晴天続きを見計らって、椎茸を干してみましょうか♪
by bonbonniere0826 | 2011-04-19 17:46 | others・・・*
ラザーニャポテト

ラテンな香りがしませんか、このネーミング♪

お友達のりあむままが紹介されていたお料理本の特集は“手づくりの調味料”
小麦粉とバターを炒めて作る合わせバター “ブールマニエ”
冷凍保存がきき、必要な分を牛乳に落とし弱火にかければ簡単にホワイトソースができちゃう常備調味料。
昨夜はこのブールマニエを使って、パスタではなくホクホクのジャガ芋でラザーニャンナイト♪

e0157816_1531860.jpg

蒸籠で蒸したジャガ芋に、ボロネーゼ - ホワイトソース - ボロネーゼ - ホワイトソース…と重ねていき、お飾りはパルミジャーノをたっぷりたっぷり!
e0157816_15362322.jpg
 

美味しそうな焦げ目をつけたら、さぁ召し上がれ♪
e0157816_15393898.jpg






日本から帰国した後、喉の痛みが咳に変わり、日本の病院で出していただいた薬も一向に効かず困っていました。
咳はどんどん下へ降りて夜中じゅうひどい咳き込みが1週間以上も続き、あまりの咳き込みの強さにみぞおちに激痛が走るほどに…ーー;
そんな体調不良の中、先週からようやくチャイニーズレッスンをスタートさせました。
e0157816_15553110.jpg


a- o- e - i - u-!
ua - uo - uai - uei -!
e-といっても発音はエーではありませぬ^^;  何だかとにかく複雑な音!(爆)
何?何〜? 日本語にない発音や口の開き方があるため本当に難しい!!

タ〜 タァ〜 タァーァア    ゴホゴホゴホ!!! ちょっと失礼、み、水を〜><
あんまりたびたび咳き込むものだから優しい黄先生、“皮を剥いた梨の種を取って、そのくぼみに角砂糖をのせて蒸したものを食べてみて♪ 咳にとても効きますから! おぉ、苦しそう、かわいそうです〜”と漢方の咳止め療法を教えてくださいました。謝謝!
ごめんなさい〜、こんな風邪っぴきが現れてしまって〜><

果物屋さんで梨が見当たらず、結局梨のお薬は作れなかったのですが、あまりに治りの悪い酷い咳に業を煮やし、言葉も通じないローカルな薬局へ飛び込み、店員さんの前でひどく咳き込むフリをしてお薬をゲット!
e0157816_16104844.jpg

棚に示された咳止めコーナーから一番効きそうな箱、“これにするわ〜!これおくれ〜!”とお買い上げし、お隣のコンビニで水もゲットし即服用!! 一回6錠(多っ)、児童禁忌 の文字に多少不安も覚えつつ、結果この黄金の竜が功を奏しすっかりみぞおち激痛酷咳から解放されたのでした=3(つまらない長話、失礼しました^^;)


さて、肝心のチャイニーズレッスンですが、とても楽しい♪
ゆっくり話される中国語ってとても美しい言葉だと思います。(残念ながら中国の人は早口さんが多いのですが)
発音も語順も英語に近いものがあり、そのせいか英語圏の国の人々が立派に中国語を操っていて尊敬してしまいます。
語学は何より発声ですから、漢字を使うとは言え日本人が必ずしもアドバンテージをとっているようには思えません。
とりあえず、街で困らない程度まで習得することが第一目標。
どうなりますかな〜^^

e0157816_1638043.gif

by bonbonniere0826 | 2011-04-18 16:45 | 食卓では..・・・*

種を植えました

震災から1ヶ月。

先日、1週間日本へ帰国していました。
用事を兼ねての帰国だったので2月初旬には決めていた予定でしたが、友人達との約束も一時は叶わないことのように思われました。
大きな揺れで怖い思いをし計画停電などで大変な中、ひととき会うことができた友人達に感謝します。

e0157816_1827958.jpg

帰国の前日、渋谷南平台の桜はほんの1、2分咲き。
トレンチコートにペタンコ靴で帰ったのですが、街はダウンコートにロングブーツの人でいっぱい。思いもよらない寒さでした。


生まれ育った国で大変なことが起きているというのに、領事館のHPを見ても日本人居住区で情報を探しても何もできずにひとり焦っていた3月中旬でした。
4月に入った今では日本人向け情報誌には支援の情報が載せられ、街にも義援金の小箱が見かけられるようになっていました。





昨日の日曜日、元気な店主さんのいるあの花屋さんへ出掛けました。
列車で1時間以上かかる、上海市内とはいえほとんど農村部に近い市場へ仕入れに出た時に、以前お願いしていたことを覚えていてくださって、オリーブ、ユーカリの苗木を探してくださったそうです。
“やっぱり苗はありませんでした”ということ。上海の街並みに似合うと思うのだけれど…


e0157816_18524388.jpg

大きな素焼き風の鉢と、オリーブの代わりというには別物すぎる気はしますが、雲竜柳の枝を10本ほどいただいてきました。
しばらくリビングで生けて、根っこが伸びてきた頃に鉢に植え替えて外に出そうと思います。
綺麗な若葉が出てきています。


種も数種類買って帰りました。
窪みのひとつずつに小さな種を一つずつしのばせました。
芽が出て4、5㎝に成長したら、元気そうな子をプランターか鉢に移植して育てるのです。
何を植えたのかはうまくいってからのお楽しみ。。。
e0157816_1952560.jpg


店主さんのお考えは、この地震を、災害を忘れないようゼロから育てる種を店頭に置き、その代金を募金にしたい、ということでした。
日本人のみならず、近隣の欧米人も買われて行かれたそうです。

中国の人は周囲の人のすることにいつも興味津々。
私が種を選んでいたら、あれよあれよと人垣ができてしまいました^^;(見ているだけでなくて皆さんも買ってくださいね^^)


ツルツルだった上海のシンボル プラタナスにもいつの間にか小さな芽が出てきていました。
e0157816_19312758.jpg


e0157816_19404164.gif

by bonbonniere0826 | 2011-04-11 19:55 | others・・・*