日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

上海は冷たくても…

上海は気温6度、今日からしばらく冷たい雨がつづくようです。

でも少しずつ、気持ちも身体もあたたかくなるニュースが聞こえてくるようになりました。
被災地へ通じる道がつながり、スタンドにガソリンが少しずつ供給されてきているということ。
三陸の漁港で漁業に従事していた人達が気持ちをひとつにして前を向いて歩き出しているということ。
仮設住宅の着工も始まったということ。
何よりも被災地の方々に笑顔が戻ってきていること。

昨日は東北に住む友人とメールを交わすことができました。
不自由な生活が続いているようですが、工夫で乗り切る逞しい様子を彼女自身の言葉で知ることができ、胸をなでおろしました。

安寧の日々と風光明媚な風景が1日も早く戻りますよう。


e0157816_1965418.jpg


e0157816_1994257.gif

by bonbonniere0826 | 2011-03-21 19:13

東北地方太平洋沖地震

信じられないような現実に、ただただ胸をいためるばかりです。
おひとりでも多くの生存が確認されること、被災された方々のお気持ちが1日も早く復興に向けられることを願わずにいられません。
by bonbonniere0826 | 2011-03-14 13:50
ひとつはパン屋さん♪
娘が学校から持ち帰った情報誌に、大阪の石窯ベーカリーの2店舗目ということで紹介されていました。
地下鉄で2駅先の徐家匯(シュージャーホイ)は日本で言えば渋谷のような大都会。
大通りの裏手のそのまた先にそのお店はありました。

e0157816_942548.jpg

お店いち押しの牛肉ゴロゴロカレーパン、湯種もちもちトースト、サイコロ状のキャラメルラスクをお買い上げしてみました。

チキンとマッシュルームと玉葱をローズマリーと一緒にトマトソースで煮たシチューに、湯種もちもちトーストを焼かずそのまんま出したところ、
娘 “このパン、美味しっ!”
やった〜♥

飲み会から帰ったパパはキャラメルラスクにご満悦。
e0157816_9544390.jpg


ようやく美味しいパン屋さんが見つかって、なんて嬉しいこと!




もうひとつは花屋さん♪
MARDI GRAマルディグラというフランス料理屋さんのブイヤベースについて調べていたら、“マルディグラさんからの依頼でリースをお届けしました”というお花屋さんのブログを見つけました。
そのグリーンの可憐なリースがあまりにも素敵で、こんなセンスのよいリース、どんな方が作るのかしら。。。と何がなんでもそのお店に伺ってみたくなったのです。
実はひと月ほど前から作りたいリースのイメージがあって、素材についてもお話を聞きたいな、と思って。
こちらのお店は家から歩いて20分ほど。

e0157816_10103059.jpg


ブログのイメージ通り、爽やかで大らかで楽しくて、一度伺っただけでお店と店主さんの大ファンになってしまったわ!
上海のお花事情、老房子ラオファンズ(古い洋館)のこと、中国語の先生のこと、ウルムチルーと五原路の交差点あたりのローカルな八百屋さんに実はハーブとチーズがたくさんあること、などなど。。。
久しぶりに家族以外、日本語でたくさんおしゃべりしちゃいました。

オリーブの苗木を探していることを伝えると、プロの店主さんでも上海では見かけたことがないそうです。
おそらく冬の寒さが零下まで下がる上海の冬を越せないからではないか、ということ。
雲南省など暖かい地域にはユーカリならあるそうな。
月に1、2度はめずらしい品種のある市場へ行くので今度気をつけて探しておきますね、と言ってくださいました。


e0157816_1032355.jpg

少し黄色味が強かったり、朱色に近かったり… オレンジのラナンキュラスの中から色味の違うものを何本か。


e0157816_10341186.jpg

ハートの縁が赤くて可愛いユーカリ。
枝があまりに立派すぎて適当な花器が見あたらず、とりあえずキッチンの換気扇の上にのせてみました。
いい香りが漂っています。




春を前に、素敵なお店を見つけてかなりうきうき。
ふくらはぎに湿布を貼って床に就きました^^

e0157816_10433293.gif

by bonbonniere0826 | 2011-03-08 11:21 | favorites・・・*
おひなさまは日本でお留守番なので、ちょっぴり寂しい雛祭り。
クリスマスツリーにしてもおひなさまにしても、業者さんが安全に運んで下さるというのに何故置いてきてしまったのか…
娘のおひなさまは特別なもの。
木目込みの先生だった私の祖母がひ孫のために丹精を尽くしてくれたものだから。
湿気なんかにやられていないかしら…  帰国したら風に当ててあげましょう。



e0157816_10173357.jpg

先日お試しで作ってみたらとても好評だったので、昨日はちらし寿司の副菜として再度登場させました。
簡単でとても美味しかったので。

2〜3人なら
・真鱈の切り身…3切れ(皮を落として、ひと口大に切っておく)
・*昆布茶大1、柚子胡椒小指の先程度、酒大2)
・片栗粉
・油
・レモン


1.*をボウルの中で合わせて、真鱈の切り身を漬け込んで30分ほどおく。
2.ビニール袋に片栗粉を入れ、1の切り身を入れてまんべんなく粉をまぶす。
 (昨夜は一部しんびき粉をまぶしてみました)
3.余分な粉をはたき、中温で色よくカラッと揚げる。
 何もつけなくても美味しいけれど、お好みでレモンを搾って熱々を召し上がれ♪

e0157816_10351791.jpg




もう一品は有元葉子さんのレシピから、お気に入りの揚げかまぼこのサラダ。

e0157816_103745100.jpg

こちらも簡単!
ざくぎりの三ッ葉(三ッ葉が見つけられず、昨夜は名前も知らない鶏の足のような葉もので代用です)と長ねぎの千切りは冷水でパリっとさせておき、1〜2ミリの極薄切りにした蒲鉾を胡麻油で揚げ、熱いうちにボウルの中で水気を切ったパリパリ野菜と合わせ、お醤油をたらっと回して合わせたサラダ。
金胡麻もたっぷり合わせると、香りのよいひと皿です。
蒲鉾は、こんがり揚げたものや軽く揚げたもの、混ざっていると食感が楽しいサラダです。
(性懲りもなく、お正月に買った微妙な板無し蒲鉾をまた使ってしまいました^^;)


四隅に紅い雷様が描かれた祖母の変形器。
祖母の器は小さなお人形が描かれたものばかり。だから実家の食器棚の中で母が祖母から譲り受けたお皿はすぐにわかります^^


e0157816_10594375.gif

by bonbonniere0826 | 2011-03-04 11:16 | 食卓では..・・・*
上海でおいしいパンにであったことがありませんでした。
レジ前がいつも長蛇になっているお店のパンだって、パサつき、風味のなさがどうにも気になって。。。
私だけでなく家族も……な状態で、さすがに主人も“次回日本へ帰ったらホームペーカリーと変圧器を買うか…”と言い出したほど。。。
ふんわりもっちりな麦の香りのするパンが食べたい〜><


先日買い物を終えて何気なく通りかかったパン屋さん。
フランス人マダムが3人ほどお買い物をしていたので美味しいのかな、と私もお買い上げしてみました♪
e0157816_14332010.jpg


これこれ〜♪♪
ようやく美味しいパンとの再会*^^*
半分はそのまんま。もう半分はほんの少し焼いて、オムレツとシーザーサラダと一緒にいただきました。

お隣の駅から徒歩10分ほどの辺りにも、日本人が開く日本と同じ製法のパン屋さんがあることが判明。
お天気が良くなったら早く行ってみたいなと楽しみにしています♪





e0157816_1583564.jpg

パサつきにがっかりして冷蔵庫に残っていた1枚の食パン。
シーザーサラダのクルトンに変身させてあげたら、あらら、最上級に美味しくなりました♪

1㎝角にカットした食パンをビニール袋に入れ、ゲランドの塩少々、ハーブミックス少々、そしてこの量が大変難しいEx.vオイル少々(小さじ1弱程度か…)を垂らして、袋ごとシャカシャカシャカシャカ♪
ホイルに拡げてこんがり焦げ目がつくまでトースターで焼きました。

塩味絶妙、サックサク〜。
オイルの量が多過ぎるとサクサクに仕上がらないので、この量が難しい。

焼きたてクルトンだけでビールがいけそうだわん♥

e0157816_1523129.gif

by bonbonniere0826 | 2011-03-01 15:34 | 食卓では..・・・*
いかにもおいしそうな猪排骨肉を見つけたので、魯肉飯ルーローハンを作りました。

12月、初めて上海でお肉屋さんのショーケースを覗いたとき、鶏肉、牛肉はあるのになぜ豚肉はないのだろう。。。と思ったものでした。
猪肉=豚肉 だということを教わり、へぇ〜@@
ちなみに猪のことは野猪と表記するのだとか。


色味どんよりなお丼になってしまいましたが、お味は好吃ハオチー!だったので備忘録として残しておきましょ。
e0157816_1017144.jpg

…にしてもほんと暗い…(笑)


おふたりさま分量
・豚スペアリブ(または厚めのバラ肉)…250g…1㎝角程度に細かく切っておく
・葱…みじん切り大3
・ニンニク・生姜…みじん切り各大1
・油・醤油・塩・砂糖・酒・胡麻油(分量はレシピ内で)
・お好みで五香粉または花椒(苦手なら白胡椒で代用^^)
つけあわせに温泉卵、高菜漬けの胡麻油いため^^

1.鍋に油大1をひき、中火で細かく刻んだ豚肉を軽く炒める。
2.醤油(1/4カップ)を加え少しなじませたら、塩少々、砂糖大2、酒大2、胡麻油大1/2、五香粉または花椒を少々(苦手な方はホワイトペッパーで)を次々加えてよく合わせ、蓋をして弱火でコトコト30分から50分。
 時々チェックして柔らかくなる前に水分が少なくなっていたら、お酒を適宜加える。
3.柔らかく煮えたら、ご飯ののせて美味しい煮汁もまわしかけて、さぁ召し上がれ〜♪

つけあわせに温泉卵&お漬け物を。(魯肉とお漬け物の判別不能 笑)
e0157816_10363145.jpg

高菜を切らしていたので、今回は胡瓜のお漬け物を胡麻油で炒めて。
温泉卵…殻を割ったらいい感じだったけれど、お丼の中で割ってみるとあらら大失敗ーー;
温泉卵製造器、日本に置いてきてしまったのよね〜
とろとろ卵をからめたら、どんなにかおいしかっただろう…






e0157816_1123278.jpg

ポストのある風景
なかなかいいグリーンですよね^^

e0157816_11261066.gif

by bonbonniere0826 | 2011-03-01 11:33 | 食卓では..・・・*