日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー

<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

7月に訪れた赤坂の創作中国料理 wakiya一笑茶樓
このお店の美味しいお料理が忘れられず、ママ友6人でおじゃましました^^

数々の美味しいお料理の中でも、どうしてもいただきたかった忘れられないお料理“オマール海老と鶏の朝天唐辛子炒め”は、予約の際お電話で伺ったところ、開店以来大好評でメニューからはずせないそうですよ♪



お値打ちのコースのお料理達…


e0157816_7181149.jpg

プチフルールのように可愛い前菜はどれも美味の凝縮。


e0157816_7223195.jpg

キャ〜>< これこれ! 
この日の海老にはみそも入っていて更に美味しかったです。
みんな花椒の粒々をお皿から飛ばしながらいただきました。無言です^^


e0157816_7344185.jpg

身体がポカポカしてくる聖護院蕪のやさしい味のスープです。


そして、お肉かお魚は選ぶ形で。
e0157816_7365871.jpg

ジャンボマッシュルーム(だったと思います)の肉詰め。ソースが絶品でした。

e0157816_739376.jpg

甘鯛のおいしいスープがけ。

e0157816_7402065.jpg

7月にもいただいたチャーシュー色のふかふかパンにお肉やお魚の美味しいソースをつけていただきました。


いよいよ終盤、麺2種、ご飯の中から選べます。

e0157816_18491620.jpg
e0157816_1849357.jpg
e0157816_18494713.jpg

小さな器で出される、担々麺(とても辛いけれどお店の一番人気とのこと)、鶏のあっさりスープの麺、豚の角煮を卵でとじたご飯♪

ふ〜お腹いっぱい〜…と一息ついた頃、“おかわりはいかがですか?別の種類でもどうぞ♪(驚!)”とのお誘いに、おなかがパンパンでしたが、一皿目の麺の後で全員豚の角煮の卵とじご飯をおかわりしちゃいました〜^^;

ようやくデザート、
e0157816_745191.jpg

栗のアイスに白玉、フルーツが盛られたデザート。
中国茶と一緒にゆっくりといただきました。


凄いボリュームです><
7月には、冷たいスープが最初に出て次に野菜の大きな一皿が前菜でした。
前菜やスープの流れや組み立ては変わるようです^^


全員大満足で、次回もこちらを予約することに即決><
次回はどんな冬の献立になるのでしょうか。

e0157816_18523420.jpg

by bonbonniere0826 | 2009-10-30 18:58 | おでかけ*・・..・

レンズ豆のソース

前日、大好きなレンズ豆を使って、玉葱・赤パプリカ・インゲン・きたあかり・ベーコンと一緒に煮込んでスープを作りました。
素朴でおいしいスープ…

e0157816_634583.jpg


そのスープが少しだけ残っていたので、これを焦げないように更に少し煮詰めていき…
パリパリに焼いた鶏ももにソースとして使ってみました。

e0157816_6375381.jpg


鶏肉ぎらいなパパが不在の夜ご飯は、いつも鶏ももを堪能♪♪
煮くずれたきたあかりがソースをトロトロにしてくれて、とても美味しいソースが出来上がりました^^
by bonbonniere0826 | 2009-10-30 06:45 | 食卓では..・・・*
必要な用具は10年ほど前に揃えていて教本とにらめっこで時々練習をしてきたカリグラフィ。
スポットの体験レッスンは何度か受講してきたのですが、なかなかスケジュールが合わせられずにきちんと習うことができずにいました。

今回Noelのカードを書くレッスンを受講しました。

本番のカードの前に基本のレッスンをじっくりと。。。
インクの入れ加減、ペンの倒し具合、文字ごとに特に気をつけなければならないポイントなど、独学では学べなかった点がクリアになりました^^
e0157816_1973240.jpg


こんなものを書いて額装して飾りたいな…というアイディアは山のように♪
静かに地道に練習の時間を積むのみ!
by bonbonniere0826 | 2009-10-28 19:21 | 習いごと*

こんがり叉焼が焼けたよ

寒くなってきました…
こっくり濃い味のものが食べたいな♪
週末にチャーシューを焼きました。

チャーシューと言っても、はじめに肉の表面を焼きつけてからお醤油や酒、味醂などでお鍋で煮つめていくやり方と、タレにしっかりと漬け込んでオーブンで焼いていくやり方がありますが、この日は後者で。
中華料理屋さんの前菜でいただけるような、おつまみチャーシューみたいなタイプです。

e0157816_713525.jpg



・豚肩ロース塊 400g程度を2本に対して…
*つけ汁
・醤油 1/4c
・酒  大5
・砂糖 大3
・塩  小1
・オイスターソース 大3
・生姜すりおろし 小1
・粗挽き胡椒 
・五香粉   少々(クセが強いので我が家はほんの少々です)

**はちみつ 大1 サラダ油大1

・ジップロックに*つけ汁の材料を合わせ、肉を3時間ほど漬込む。
 (袋の空気をしっかり抜くとまんべんなく漬けられます)
・1度目の焼き… 200℃に予熱したオーブンの天板中段で20分焼く。
・ジップロックのつけ汁をバットに移し、焼き上がった肉の全体にかける。
・2度目の焼き… 1度目の下側を上にして、今度は180℃のオーブン中段で25分じっくり焼く。
・串をさしてみて赤い肉汁が出なければ焼き上がり。
・**を合わせたものを全体に塗ってそのまま冷ます。


e0157816_7293487.jpg


さぁ、甘くて香ばしい叉焼が焼き上がったよ♪
ビールで乾杯〜
by bonbonniere0826 | 2009-10-26 07:50 | 食卓では..・・・*
ビルの影を歩いているとからりと乾いた風が気持ちいい日、中目黒〜代官山へお散歩とランチにでかけました。
ご一緒したのは、娘のOne of 竹馬の友のママ、Yちゃんです♪
0歳児からのおつきあいなのでもう20年!!
同じものを食べて同じようにおいしいね〜♡、同じものを見て同じように素敵ね〜♡の気持ちが共有できるお友達^^!

今日のお昼ごはんは、ジローラモ夫人、パンツェッタ貴久子さんのCOCCINELLAコチネッラ、てんとう虫という名の可愛いお店です。

e0157816_109317.jpg


選んだランチコースは、前菜3種+パスタ+お茶(3種のパンも付いてきます♪)。
食いしん坊2人は更に、お店の入り口のガラスケースに並ぶおいしそうなデリの中から、ジャガ芋のコロッケ地をパリパリにグリルしたようなお料理と豚ヒレのスカロッピーネの2種類を追加でお願いしました。

e0157816_10164496.jpg

とうもろこし粉とチーズで焼いたと思われる細長いパリパリのおつまみパン。 ☆3つです^^

e0157816_1016548.jpg

この日の前菜3種は、人参サラダ(☆3つ^^)、おむすび形のラグー和えお米のアランチーニ(☆3つ^^)、鶏の甘酢サラダ♪
右奥はデリから選んだパリパリジャガ芋のお料理(☆3つ^^)

e0157816_10171147.jpg

もうひとつのデリ、豚ヒレのスカロッピーネ ア ラ リモーネ! これ絶品でした♡

e0157816_10172057.jpg

そして、キノコとバジルのフジッリ。
つぶ貝(Love♡)みたいにコリッコリのキノコが美味しい〜><

…と、ジローさんのマンマ直伝貴久子さんのお料理はどれもこれも唸るほどにおいしかったです♪♪♪
レシピ本探さなくちゃね、Yちゃん♪



お散歩は、目黒川沿いにある、可愛いボタンが迷うほどたくさんの&STRIPE
e0157816_1544544.jpg


お洒落な手芸屋さんMerceria Pulcina
e0157816_1583925.jpg


EATALYで食材を買い足し、Yちゃんが連れていってくれた住宅街をずんずん入ってこんな所に〜!の雑貨屋さんで可愛いもの達をじっくり見て癒されました^^

このお店で御メダイやロザリオが好きな娘へのお土産、チープな感じが可愛いカラフルなこんなウッドブレスレットをゲットン。
e0157816_1520163.jpg

さっそく翌日、左腕につけて学校へ出かけていきました^^

家族で行く時には車で出かけるこの辺り、こんな季節は電車に乗って、どんどん小道を入って楽しい発見ができるお散歩が最高ですね♪
by bonbonniere0826 | 2009-10-22 15:43 | おでかけ*・・..・
2ヶ月の夏休みをおいて、Pinot先生のお教室に久しぶりにおじゃましました。

e0157816_10151710.jpg

お部屋のしつらえはすっかり秋。。。


3ヶ月に一度は和食が回るように…と先生から以前伺いました。
和食の回は学ぶ事も手順も多く、気を張って臨みます。


椀   さんまと菊のつみれ汁
向   薯よ羹
煮物  里芋といかの秋色煮
和え物 柿の白和え
飯   新米、ふりかけご飯
甘味  寄せ梨の柚ゼリーかけ


e0157816_12473622.jpg



ひと品ひと品、心に染入るお味です。。。><




さんまのつみれ…イワシなどの青魚でつみれをよく作るのですが、このつみれは溜息が出るほどに美味しいものでした^^
すりおろし過ぎない程度、粒々が残るあたりまでの絶妙のすり加減! 
こういうお勉強ができるのがPinot先生のお教室の醍醐味だと思います^^

薯よ羹…長芋のゼリー寄せ。
Pinot先生流は、長芋のゼリー寄せに更においしいお出汁のあんをかけて、ちょこんと雲丹ものっかります♡


里芋といかの秋色煮 …手間をかけて工程が多いだけに実に奥深いお味♪ いかだけでなく生鱈もカリっと揚げてみぞれのお出汁で煮込みます。


柿の白和え…今まで作っていた白和えはバッタもんだった!!と目から鱗の白和えでした。
擂り粉木で念入りに擂ったお豆腐は、つやつやねっとりとクリーミーで、ここまで擂ってはじめて白和えになるのだな、というお勉強をさせていただきました。
胡麻の風味と絶妙の甘さと、カリカリ次郎柿の歯触りが堪能できました^^


ご飯のふりかけ…先生のお手製は、削り鰹と海苔の風味たっぷりで本当においしいものでした^^
e0157816_10361065.jpg




おいしいお茶と一緒にいただいたお菓子は、寄せ梨の柚ゼリーかけ
梨のゼリー寄せって初めていただいたかも!  あまり強い主張を感じさせない梨ですが、Pinot先生の手にかかったこのゼリーは、まぎれもなく“梨”のシャキシャキが生かされていて面白いデザートになっています♪
トロトロと上にかかった柚子ゼリーは、この季節なら秋色の黄色い粒々入りとなり、初夏に青い柚を使うなら清涼感たっぷりの緑の粒々が入るそうです♪
e0157816_1249454.jpg






e0157816_1121898.jpg


来月は洋のお料理とのこと♪ 何を教えていただけるのでしょう♡
楽しみがつのります^^
by bonbonniere0826 | 2009-10-17 11:21 | 習いごと*

横浜の味☆ シウマイ饅


Oktoberfestの会場を出て、大桟橋やシーバスを眺めながら海風にあたって酔いをさましていたら、なんだか小腹が空いてきた…^^;

何かちょこっとつまめるものはないかい?…とうろうろしていると…

こんなの見つけた♪

e0157816_652632.jpg


赤レンガ倉庫2号館内1階 崎陽軒のシウマイ饅です^^
シウマイがコロンと丸ごと肉饅の皮に包まれていました。
うんうん♪ 横浜の味だわ〜^^
by bonbonniere0826 | 2009-10-15 07:05 | others・・・*
Ein Pro〜sit♪ Ein Pro〜sit♪ 
テントの中から乾杯の歌の大合唱が聞こえてきます♪

e0157816_1841426.jpg


横浜赤レンガ倉庫で開催中のYokohama Oktoberfest 2009へ行ってきました。

e0157816_18222045.jpg

本場ドイツ ミュンヘンのビールのお祭りオクトーバーフェストを模して、横浜赤レンガ倉庫に巨大テントが張られ、ドイツビールやソーセージ、アイスバイン、ザワークラウト等ドイツ料理や、ご近所ロイヤルパークホテル等から生ハムやイベリコ豚のお料理ブースが出店しています。

e0157816_18191286.jpg


暑さも手伝ってどの人も真っ赤っか。酔っぱらいだらけ〜^^
e0157816_18253912.jpg


ドイツからやってきた楽団がドイツ民族音楽を奏で、数曲に一回CMでもおなじみの乾杯の歌でEin pro〜sit♪ Ein Pro〜sit♪と盛り上げるので、お客様もどんどん盛り上がり客席の合間をラインダンスで踊り回り出しました(笑)!
私もすんでのところで踊りの輪に加わるところでした〜^^;
(あと一杯入っていたら!爆!)

e0157816_18344480.jpg


いや〜楽しい楽しい!
お隣で飲む人は皆友達だ のノリです^^

また来年も行くぞ〜〜♪♪
e0157816_18412145.jpg

by bonbonniere0826 | 2009-10-12 18:42 | おでかけ*・・..・
先日薔薇のモールドを使ってスィートポテトをつくりましたが、まだぽってりさつま芋が残っていたので、今年も我が家の秋の定番おやつさつま芋のガレットを焼きました。

e0157816_720542.jpg


・さつま芋…大きめ1本なら…
・砂糖…適量
・バター…30g
・おいしい塩…ひとつまみ
・シナモンパウダー


・さつま芋は水で洗ってぬれたままラップでふんわり包み、レンジ500Wで3分半〜4分チン♪
・レンジから出しそのまま冷まし、粗熱がとれたらラップを外し5mm厚さにカット。
 (薄いので割れないように慎重に><)
・バットに砂糖をたっぷり敷き、さつま芋を両面押しつけてしっかりつける。
・フライパンにバターを中火にかけてほぼ溶けたらさつま芋を並べていき、少量の塩を振り、両面こんがりと焼いていく。
(この頃にはお部屋中に幸せの香りが~~♡)
・お皿にのせてシナモンをパラパラ振る。

e0157816_8161883.jpg


バニラアイスや干し葡萄を添えて召し上がれ♪

熱々は鼻からシナモンの香りが抜けて…♪♪
冷めてもまた、カラメルになった端っこがカリカリパリパリで更に〜♪♪♪
by bonbonniere0826 | 2009-10-11 08:36 | 食卓では..・・・*

牡蠣のマリネ

Rのつく月のお楽しみ…
秋も深まり牡蠣も随分出回ったきたので、今年もマリネをつくりました。

e0157816_7343810.jpg




・加熱用牡蠣…2パック
・オイスターソース…大2〜3
・Ex.V.オリーブオイル…適量
・粗挽き黒胡椒
・乾燥唐辛子…1本

・牡蠣は必ず加熱用を使用します。丁寧に洗い汚れを取り、ペーパータオルで水気をとっておく。
・牡蠣をフライパンに重ならないように並べ強火にかける。
 (牡蠣から出てくる水分は別の器に移して魚介スープなどに是非使ってください^^)
・八分くらい火が通ったらオイスターソースを回して、全体に絡める。
・火を止めて粗挽き黒胡椒を鬼の様に(笑)がっつりかける。(ここまでスピーディに♪)
・そのまま粗熱をとる。
・煮沸して乾いた保存容器に、乾燥唐辛子とオイルをまず容器の1/2ほど注ぐ。
・そこへ冷めた牡蠣を移し、お好みでフライパンに残ったソースも少し加える(全部加えると塩辛くなります)
・牡蠣が全部浸るまでオイルを足す。
・冷蔵庫で1週間〜2週間保存できます^^

e0157816_7195748.jpg



先日お仲間達と、マリネってどういう意味なのかしらね〜?と話題になりまして、フランス語ではあるのでしょうが、マリネ液はお酢の場合もオイルの場合もあるから、“浸す”とか“漬ける”という動詞ではない?… と。
そこで私は英語の“marine”を連想しそこから派生しているに違いない!と豪語したのですが、まさか!!と笑い飛ばされ却下されたのです^^
そこで調べてみたところ…ピンポンでした。
“marine“は液体に浸す”という意味合いで、その調理法の発端は海水に漬ける(何を漬けたのかはわかりませんが)ところから始まり、フランス語marinからの派生でした。。。
…というマリネのちょっとしたお勉強でした〜♪
by bonbonniere0826 | 2009-10-09 07:56 | 食卓では..・・・*