日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 24 )

e0157816_10273487.jpg
ローマからアッシジへ。
立ち寄ったドライブイン。おむすび型アランチーニのおいしそうなこと!






e0157816_10341995.jpg
遠くに見えてきたアッシジの街。





到着はちょうどお昼どき。
アッシジ駅舎2階のレストランにて、パスタ2種とチョコアイスを。
e0157816_10465442.jpg



e0157816_10375460.jpg




e0157816_10381563.jpg

ポルチーニのチーズクリームパスタとアマトリチャーナは、シェフみずからサーブ。
この日は暑かったものねぇ^^

e0157816_10410195.jpg


e0157816_10493115.jpg











e0157816_10502786.jpg



e0157816_10510423.jpg

e0157816_10513103.jpg



e0157816_10521293.jpg


e0157816_10534830.jpg



e0157816_10563992.jpg





e0157816_10574984.jpg



e0157816_10581282.jpg






e0157816_10584757.jpg


e0157816_10592179.jpg


e0157816_11003662.jpg

トスカーナ州へ移動します...






e0157816_11031113.jpg

e0157816_11035739.gif

by bonbonniere0826 | 2014-11-05 11:10
↗二郎さん風に



e0157816_1037688.jpg



太陽・鳥8種・蝶2種・魚2種・山・椰子2種・葡萄・竹2種・蘭花2種・帆船・灯籠・蓮花・梅花・牡丹・龍・鳳凰…
…とパーツの練習を重ねてきた花文字。。。


考試を終え、先週から初級下へ進級!パチパチパチ〜

初級下では、初級上で学んだ各絵を組み合わせ部首を描いていきます。





比如说(たとえば)

列火「灬」なら…
e0157816_10501915.jpg





さんずいなら…
e0157816_10534421.jpg





本田圭介の圭の字なら(妙な空間があります、へたっぴ^^:)
e0157816_10581554.jpg

…となりまする。









久しぶりに頭を使うわ!^^



習った絵を組み合わせて描いてみますが、御法度もあり。


e0157816_1134012.jpg

例えば「京」などのなべぶた「亠」は漢字のてっぺんに位置するので、自然界にあり得ない現象(魚や水が天井にあるシチュエーション)は描いてはいけない。

上に描いた山は、たとえ真ん中部分が尖っていたとしてもひと筆で描かれるものなので、2画の「亠」にはなり得ない。




e0157816_1115690.jpg

さんずいを描いたつもり。
しかし老師によれば、この鳥は(木などに)とまっている時に使う鳥なのでこの場合使えないし、更に言えば、花に鳥がとまることは出来ないので、その意味でも使えないということ。(飛んでいる鳥ならありのよう。)








世界の観光地に花文字を描く人はいて、描き手により筆はさまざま。
私たちの老師の場合、筆はこのようなもので、1本の筆先に(基本的には)2色をつけ
e0157816_11195615.jpg




赤を上に持ち描くと、このように。
e0157816_1121775.jpg


そして黄を上に持ち描くと、このように描けます。
e0157816_11235199.jpg







また筆の中央に何も色をつけなければトリコロールに
e0157816_11245648.jpg








上海に(おそらく)一人しかいない花文字老師との出会いに感謝して、picoriよ!精進するのだ




e0157816_11313488.gif

by bonbonniere0826 | 2014-03-25 20:27

From Sydney Harbour Bridge! sanpo

娘から届いたカウントダウンメールより
素敵なので記念に

e0157816_7384490.jpg









e0157816_7413119.jpg

ポートジャクソン湾の横長ハガキでいえば、陣取ったのは右端の橋の袂とのこと




e0157816_7482096.gif

by bonbonniere0826 | 2014-01-06 07:53
e0157816_7325546.jpg


望楼NOGUCHIでは朝ご飯も堪能!
 自家製温泉豆腐や新鮮な野菜、ちょっぴりの魚とお肉、卵料理、そして旬の果物。


満腹のお腹をさすりながら(事実この日はお昼が入らず…w)、登別を後にしました。






宿の方におそわって、洞爺までの最短経路 オロフレ峠を通過することに。


e0157816_7434819.jpg



雨こそあがったもののお天気にはこの日もめぐまれず、案の定高度を上げるごとに視界が悪くなり、ついにはセンターラインも見えないほどに@@:
(そこそこのスピードで走るものだから、怖くてヒーヒー言っていました^^:)
e0157816_7494736.jpg






晴れていたら、見渡せて綺麗なのでしょうに。
e0157816_754132.jpg














休憩で立ち寄った道の駅では、コールラビが売られていました。
e0157816_82039.jpg

アブラナ科でブロッコリのようにして食べられるそうなので、きっと中国の芥藍=chinese broccoli と同じように、炒めたりシチューに入れると美味しいのでしょう♪














洞爺湖へ回った目的は、このお店にあったのです。

glass cafe gla_gla
e0157816_87444.jpg

偶然見つけたブログ、長いあいだ隠れファンだったの♪

北海道へ行くことがあれば、必ず寄ってみたいと思っていたんです。





自由自在で時に大胆かつチャーミング、そしてきっとちょっぴり繊細。
作品たちは彼そのもののように感じました。


夫がおもしろいデキャンタを発見し欲しそうにしていたけれど、ン〜万円!!
それはフォルムを心に焼きつけて^^:可愛らしい燭台と花留めをいただいて帰りました。



e0157816_819947.jpg




e0157816_8193536.jpg

残念なことに上海は花の種類が少ない! (男の子から女の子へのプレゼント用に、薔薇は山のようにあるけれどね〜)
gla_glaのお庭に咲き乱れていたような、山野の花が飾りたいな。

e0157816_8213446.jpg




カフェ裏手にはアトリエがあります。
e0157816_8222667.jpg



旅の前々日、気分を盛り上げようじゃないかい♫と『しあわせのパン』を復習していたら、陽子さんのガラスはこの工房から生まれたことを新たに発見!
gla_glaオーナー自身が余貴美子さんに吹きガラスのご指導をされたんです。
(その特典映像を、彼自身はまだ観ていないそう^^)








『しあわせのパン』つながりで、お近くのパンカフェゴーシュへも上がってみました。

e0157816_8282679.jpg


この景色あっての映画だなと、しみじみ。。





e0157816_8302161.jpg



お店がお休みなのは想定内、この場所でこの奇跡の風景が見られたことが幸せでした。


e0157816_841175.jpg












次に回ったのは月浦ワイン醸造所。
e0157816_8343826.jpg


e0157816_8373580.jpg


お土産に白を1本♪と乗り込んだけれど、あいにくこの時期は休暇中だったみたい。



折角なので湖畔の直営所へも降りてみたけれど、こちらにも“ただいま品切れ中”の張り紙が。
ま、何事も巡り合わせ。と、とっとと諦めました^^









さて、そろそろ今夜の宿 支笏湖へ向かおう。
e0157816_992653.jpg


旅の3日目午後、初めての太陽が顔を出しました☀/






glassといえば、NOGUCHIを発つ前、魅せられたこのショットグラスもいただいて帰りました。
鬼の町 登別を彷彿とさせるでしょう?(笑)
e0157816_916056.jpg

冷やしたトマトのすり流しやヴィシソワーズ、赤ワインなど入れて、ほぼ毎夜活躍しています。













支笏湖のあれこれも備忘として残したいのですが、このところバタバタしていてタイムアッ〜プーー:

大昔vikingが幅をきかせ、妖精トロルの棲む場所へ出掛けます。
どんな風景が広がるかしら。楽しみです!




e0157816_8561938.gif

by bonbonniere0826 | 2013-08-21 10:16
ウルーかヴィタントニオか…? ヴィタントニオかバウルー…か? 悩みつづけてはや5年(笑) (バオルー× バウルー◎7/14朝訂正^^:)

6月の楽天SALEで今年こそ買うぞ!と、よくよく考えてバウルーに決定。
〈やっぱり私、ワッフルはそうそう焼かないわよね、ってことに落ち着き^^:〉


e0157816_9412285.jpg

山男グッズのネットショップにて購入。
バーナー1つあれば、アウトドアでも簡単にホットサンドにありつけます♪





8枚切り食パンが最適なよう。具材をのせたらセットしてストッパーカチャリ。
e0157816_10461536.jpg


中火のコンロで、片面ずつ1〜2分ほど。

途中心配なので、ときどき焼け具合をチェック。






e0157816_10534896.jpg


ふむ、なかなかよい感じ♨



バウルー1作目は、冷凍庫に少し残っていたボロネーゼにチーズをのせて。
e0157816_112932.jpg



はじっこのカリカリがたまらない






照り焼きチキンや玉子&コンビーフなど。。。
ヤマザキ ランチパックなんかを参考に、次々焼いちゃいます♪



e0157816_12413150.gif

by bonbonniere0826 | 2013-07-13 22:18
上海の面包(パン)の歴史はまだそう長くはないそう。

私の数少ない上海人へのインタビュー(笑)の中でも、朝ご飯は昔ながらの“豆腐花+油条”というお家、
朝は家で食べず、包子(青菜饅や肉饅など)スタンドで買ってほおばりながら通勤するよ、なんて話を耳にしたり、
中国人は朝から甘いものを食べない。だから朝食にパンだなんて信じられない!(彼女のお里は上海ではなかったはずですが)と聞いたこともあります。もちろん私が食べるパン、特に朝食のパンは甘いものでない事を伝えました^^

一方、“うちはパンとチーズを毎日食べる”なんて上海人家庭もあり(こちらはパパさんがアメリカ駐在経験者、またご子息も現在米国留学中)、当然ながらお家お家の朝ごはん文化があるようで。




上海へ上陸した頃、彷徨えど彷徨えど美味しいパンに出会えず、しばらくの間パン難民でした。
風味・香りなし、パサついている。
買って帰ったハムと卵のサンドイッチ。あぁお腹空いた!とコーヒー淹れてパクっといった瞬間、甘ったるい生クリームが塗られていて、全身に悪寒が走ったこともあったっけーー:
出先の商店街で『面包』の看板を見つけると、一縷の望みをかけて(大袈裟)おばちゃんが焼いているようなお店にも入ってみますが……。
長く上海暮らしをする日本人の方々によると、7,8年前にはパン屋さんの存在すらなかったということですから、それでもあるだけ恵まれているはずだけれど。
暮らしていた日本の地元には1駅に何店も迷うほど美味しいパン屋さんがあったわけで、日本人にとって美味しいパンというのは日常欠かせませんものね。
欧系のベーカリーショップの多い地域ですが、落ち着くところ とどのつまり、やっぱり日本のパンかなと、遠路リトルマーメイドなんかで買うことにしています。





先日夕方、夫から手渡されたプラスティックバッグ。
覗くと16,7㎝はあるふっくら大きな楕円パンが3つ入っていました。まだホカホカ♨♨♨

e0157816_9535768.jpg




お夕飯前だったけれど矢も楯もたまらずパク。


⚡ ⚡ ⚡ ⚡ ⚡   うぉお〜@@!!!ついに〜!!!


レーズン入り・ドライフルーツ&チョコチップ入り・ナッツ入り

焼きたてのホカホカ(ちぎってつまんだのはレーズン入りだった♥)が最高だったのは言うまでもありませんが、さっと温めた翌朝のアカシア蜂蜜がけも相当イケテいました!!

e0157816_10163256.jpg







袋の住所で調べてみると、福建中路に新しく出来た台湾のパン屋さんのようです。台湾では大変な人気店らしい。
新しいもの、美味しいものに目がない上海人(特に太太(奥様)方)!
店頭と店内のフィーバーっぷりが容易に想像されます。
何かに群がるときの上海太太たちのパワーはいやもうほんと半端ないので、負けずに買えるかどうか…
順番とか並ぶとかすべて全部何もかも…そっちのけだから。。爆
負傷を負う覚悟で(そのうち)臨みます。(…すでに弱気^^:)

e0157816_10192811.jpg

あら? どうかするとハイジに見えなくもない?…^^:





Qさぁん! 上海に来て以来間違いなくいちばん美味しいパンだった!! ありがとう!!!




e0157816_10101499.gif

by bonbonniere0826 | 2013-05-28 12:56
e0157816_1615780.jpg



「北京烤鴨(北京ダック)を家で作る」レシピーを習ったのは、約5ヶ月前のこと。
早くup!と思いながら、家のオーブンで焼いた時のあの晩夏の凄まじいまでの脂の臭いは、予想外なトラウマとなりました。
ダック丸ごと家で焼くなんて二度とすまい!と断言できるけれど、上海の強烈な思い出のひとこまとしては是非のこしておかなくては。




(お店でいただくのは)大好きな北京ダック。
ホテルシェフが、家で焼く北京ダックのためのレシピーを考案してくださり参加したレッスンでした。
北京ダックが家で焼けるだなんて! と、いそいそと出掛けたんです。







①お腹に詰めるものを準備。
e0157816_13533920.jpg

セロリー・葱・生姜やニンニクなど、肉の臭みを消す目的の香味野菜。


別途使うレモンとお酢も準備★




②ダックのお腹をきれいに!
e0157816_142972.jpg

“次は鴨の準備” と誘われたシンクに、うなだれた6体のアヒルを目にした時には6人とも絶句。
市場ですでに内蔵はおおかた処理されたダックですが、更にお腹に手を突っ込み水洗いですっかり綺麗にする。
生徒達は怖じ気づき、内蔵の処理は老師に一括委任!



③ひとりひとりダックの首根っこ掴み(というよりつまみ)、キッチンへもどり(女学生のような大騒ぎ)、それこそ意を決し各人お腹に開いた穴にに手を突っ込み、五香粉を内側の上面下面万遍なく塗る。



④ ①の詰め物をお腹に詰めこみ、



e0157816_14444761.jpg

老師のお手本を見よう見まねで串で封印。



e0157816_15332010.jpg

出来る限り細かく!と閉じたつもりが、皮のあまりの厚みでこれが精一杯。(流石老師はキュルキュルと細かく10針ほど!)



⑥沸騰したお湯を全身に浴びせ、毛穴を一気に締める。(後に回しかける★の液体をよく沁み込ませるため)
e0157816_1536910.jpg




⑦首に開けた穴から自転車の空気入れの要領で全身に空気を吹き込み、全身をパンパンに膨らませる。
 (出来上がりの見栄えをよくするのが目的。)
e0157816_15403688.jpg




⑧次に★のレモン+酢 の液体を全身に丹念に回しかけたら
e0157816_15434271.jpg




e0157816_15472132.jpg

扇風機の風にあてながら一昼夜干す。(冬なら戸外の風で干す)



⑩翌日
一昼夜干したダックのお腹から前日詰めた香味野菜を取り出し、熱したフライパンでダック表面をこんがり焼き
e0157816_15545581.jpg



⑪余熱したオーブンで、じっくり焼き上げる♨♨♨

e0157816_15574799.jpg





⑫焼きたての皮を削ぎ、キュウリ・葱に海鮮醤を添え、餅(この日は残念ながら春巻きの皮を蒸篭で蒸したものでした)で巻いてパクリ♪
e0157816_15585089.jpg








プロの北京ダックは、吊るして焼く(横浜中華街などで見られます)“挂炉”と、蒸し焼き “悶炉”の2つの方法があるそうです。


家のオーブンで焼いた時、予想を上回る量の脂が落ちてキッチンに煙が充満し、以後1週間、家中に脂臭さが居座りつづけ、臭いののトラウマに襲われた数ヶ月でした^^:



結論。
北京烤鴨は美味しい専門店でいただくべし。
課程を知ったうえでいただいたら、尚更お店の烤鴨、堪能できることでしょう。




e0157816_16195380.gif

by bonbonniere0826 | 2013-01-31 18:28
昼ごはんが遅くなり晩ごはんは抜く。
お腹が空きすぎて真夜中に起きだし、結局スープを温める! 何やってんだか…^^:

e0157816_10575076.jpg






横浜のLes Sensではカプチーノ仕立てで出されたもの。

上海にもどりクリスマスの夜、早速作ってみました。

普通においしい♨ でもいまひとつ何か納得がいかない。

e0157816_1142896.jpg


理由は多分2つあり、
1.ラディッシュが少なすぎ
2.セロリー・玉葱が多すぎてラディッシュ独特の辛み風味が隠れた


     ⇩


それで2度目はこんな感じに。
e0157816_116265.jpg


ラディッシュはたっぷり25ヶ〜30ヶ使用。
玉葱・セロリーはやめ、白葱に変更。

そうすると、香味野菜がおとなしくなりラディッシュらしさが際立って、とても美味しいポタージュ完成



作り方はいつものポタージュ通りに。今回の分量は
・ラディッシュ25〜30ヶ(ピンクが強く出すぎないよう、ところどころ皮を剥きました)・白ネギ2本 適当に小口切り・ジャガ芋1ヶ薄切り
・オリーブオイル(orバター)で野菜を炒め、ひたひたの水と茅の舎の野菜だしは1袋破いて粉ごと(orスープストック適量)加え、野菜が柔らかくなるまで煮る。
・フードプロセッサで野菜を砕き、牛乳(お好みで豆乳・生クリームなど)で好みの薄さにのばす。
・弱火で温めたら、召し上がれ



e0157816_11175343.gif

by bonbonniere0826 | 2013-01-06 13:07

週末午後3時のカフェ


e0157816_1105221.jpg

ネーミングからしていい。
Rumors Coffee
散歩中見つけ、ある週末主人を伴って行ったら私よりも気に入ってしまったようで、以来毎週のように通っている。
夏のあいだ私はコーヒーゼリーかコーヒーフロート(フロートはラムレーズン♡)。
お子ちゃまメニューじゃないんです、自家焙煎コーヒーだからしっかり大人デザート。

通りをジョギングする人も思わずその香りに足を止める。
そういうお店、上海にはないからね。
日本人男性が経営する、小さくてcozyなカフェです。

Rumors Coffee(湖南路9号)





e0157816_1172678.gif






ラクサがおいしかったカフェginger
或る日行ってみたらつぶれていて、どれだけがっかりしたことか。
ところが移転先を偶然見つけちゃった。
以前は隠れ家的楽しさがあったけれど、今度は公園の緑を借景するいいロケーションだね♪
いま鋭意開店準備中。待ち遠しいカフェです。

e0157816_11165191.jpg

by bonbonniere0826 | 2012-10-21 19:49
上海博物館へは7年ぶり。
あいかわらず35度前後の酷暑だけれど、少し風のあった日に出掛けてみました。

e0157816_9532250.gif


1階から3階までは青銅・彫刻・古代陶磁器・書画・印章など展示。
じっくりみて回ればそれこそ半日以上かかるので、今回はお目当ての4階へ直行です=3
入場無料、写真撮影ご自由に(No flash photo)なので、カメラ小僧、欧米人ツアーのお客様達、こぞってパパシャパシャ。



中国の人口の98%は漢族、残り2%が55の少数民族で構成されており、人口上位20は、
1.壮族Zhuàng zú
2.満族Măn zú
3.回族Huí zú
4.苗族Miáo zú
5.维吾尔族(ウイグル)Wéiwúĕr zú 
6.土家族Tǔjiā zú 
7.彝族Yí zú
8.蒙古族Měnggǔ zú 
9.蔵族(チベット)Zàng zú 
10.布依族Bùyī zú 
11.侗族dòng zú
12.瑶族Yao zú 
13.朝鮮族Cháoxiān zú 
14.白族Bái zú 
15.哈尼族Hāní zú
16.哈薩克族(カザフ)Hāsàkè zú 
17.黎族Lí zú 
18.傣族Dǎi zú
19.畲族Shē zú
20.傈僳族Lìsù zú。


分布図からも、雲南省・貴州省など西南部に圧倒的に多く暮らしているのがわかります。
e0157816_12105847.gif




お人形のお顔はややこわいのですが怯えないで!^^;



第1部は、西北 新疆ウイグル・西蔵(チベット)、中央部 モンゴル・青海省・甘粛省あたり、東北以北 黒竜江省・吉林省あたりに住む少数民族編。



《西北部より》

蔵族(チベット族)女性の盛装
e0157816_12305951.gif

 
蔵族(チベット族)の夏用バンブーハット
天辺に中国結びの玉のようなものがついていて、縁にはガーゼ。
e0157816_13255100.gif


珞巴族女性の羊毛フェルト製衣装
赤×黒の膝下丈、首には幾重にも青系ビーズが特徴
e0157816_12393333.gif


烏孜別克族(ウズベク族)女性の夏のケープ
これなら日本人でも着られそう!?
e0157816_12461445.gif

フリンジ部分が凝っています。
e0157816_12463623.gif


維吾爾族(ウイグル族)のベルベット刺繍帽
4つの三角を接ぐ部分の刺繍も素敵。
e0157816_12552464.gif


柯尔克孜族(キルギス族)のベスト&パンツ
東欧の衣装っぽくもないですか。
e0157816_12581141.gif






《中央アジアより》

内モンゴルに多く住む鄂倫春族(オロチョン族)女の子用皮製ローブ
e0157816_1222485.gif

手袋も可愛い。
e0157816_1393978.gif


东乡族の刺繍靴は靴裏の細かな刺繍が圧巻!
e0157816_13115386.gif


蒙古族女性の盛装
e0157816_13132873.gif


赫哲族男性の鮭皮製衣服
e0157816_1317916.gif


蒙古族の銅でできたチェス
e0157816_13194019.gif

よく見てね。こんなに可愛いんです。
e0157816_13201880.gif


裕固族女性の盛装。
ベースがシンプルだから、襟の刺繍や肩から下がった装飾が映えます
e0157816_1336087.gif

e0157816_14554387.gif



土族女性の民族衣装は、袖がカラフルストライプな上着に花模様の帯を垂らすのが特徴
e0157816_1338689.gif

e0157816_14563745.gif







《東北部より》

満族の薄い絹のワンピース。この色使いの妙味!
e0157816_1330274.gif








夏休みということもありちびっこもたくさん遊びにきていました。
e0157816_1491534.gif




とても長くなりました=3
一端閉じて、いよいよ中国少数民族の宝庫、雲南省・貴州省に暮らす民族の衣装をご紹介しますね♪



e0157816_1354158.gif

by bonbonniere0826 | 2012-07-24 23:59