日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

久しぶりの苗族刺繍アトリエでのあれこれ

先月は突発的工事が入りお休みをいただき、2ヶ月ぶりの苗族刺繍。



老板から冷たい酸梅湯に木犀を散らしたジュース
e0157816_09225190.jpg
上海人の老板いわく、子どもの頃は冰淇淋(アイスクリーム)なんてなかったから、夏はどの家でも冷やした酸梅湯を飲んで体を冷ましたの。

乾燥サンザシや洛神花・烏梅・陳皮や甘草などが1袋になって酸梅湯のもととして売られているのね。
それを煮出して漉して冷ますそう。
飲むときに木犀の花を散らすのが素敵じゃない!









さてさて。
いま新しく私が取り掛かっているはずの作品は蝴蝶妈妈。貴州苗族と万物の母である蝶々ママです。
e0157816_09384697.jpg


しかし、その布テープ作り↘︎(=家での宿題)がままならず一向に進まないったらありゃしない^^
e0157816_09412167.jpg



なので昨日は気分を変えて笑、積み残していた昔の作品を刺し刺し。(この作品、とても時間がかかるの)
e0157816_09444105.jpg




そんなこんなで、老師や老板と中国語会話のお勉強しつつ、アトリエにプラリと入ってくる欧米人観光客にハァァイ〜なんて看板娘を気取ったりしつつ、やっぱり楽しいこの空間。


ここは苗族刺繍レッスンのアトリエでもあり、且つまた刺繍作品を買うこともできる場所。
老師は先生をする傍ら、その商品の刺繍もしているんです。


レッスンが終わった頃、老師が “ちょっと来て見て♪”って。

新しいクッションの刺繍が数ヶ月を経て完成し、晴れてお店でお披露目となったそう。

素晴らしいでしょう。
e0157816_09532342.jpg
寸分の隙間もない@@!



e0157816_09571326.jpg
picori的には葡萄の房に胸キュン。



e0157816_09592903.jpg








そして、私の作品の周囲に貴州の布テープを付けていただくようお願いしてあったのが完成して戻ってきました。
e0157816_10250698.jpg
退色しないよう、安徽おじさんのところで額装してもらいましょ。




お昼ご飯のお相伴にまであずかり、何しに行ってるやら...

野菜中心のおかずは上海菜と貴州菜、ご飯は松茸ご飯💘
まるで日本風に味付けされた松茸ご飯におかずをのせて8人でテーブルを囲む。ボカァなんてしあわせなんだ...♨︎
e0157816_10384448.jpg


e0157816_17233767.gif

by bonbonniere0826 | 2015-09-17 10:48 | 習いごと*