日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

変わり種八宝菜と珍味牡蠣味噌

e0157816_10285250.jpg




八宝菜って私にとって意外に馴染みうすい料理かも。
子どもの頃から母はそれらしきものを作らなかったし、実は上海へ渡ってきてからも菜単(メニュー)に“八宝菜”という名を見たことはないような。
“野菜の旨煮”なんて言われた方がぐっときちゃう





空っぽの野菜室を補充すべく買い出しに。
最後に市場のなかのいつものおねえさんのところで空豆どっさり。(スーパーには何故か空豆がないのだ。毎年のこと)





一般的には加えないトマトや空豆なんかも一緒に炒めた八宝菜。

は中国でも好まれる数字で、発音の似た(発)の“発展・繁盛・儲かりまっせ”の意味にかけて。

八宝は八種類の食材でなく、たくさんの美味しいものって意味合い。





wok振り回すざんす。





それぞれの食材の下準備は周到に。
・下味を揉み込んだ海鮮は低音で油通しし、しっかり油きり。
・空豆はさっと湯通し、木耳(パパの老師からいただいた。木耳の本場より)はよく洗いお湯でもどす。
・火の通りにくい野菜はあらかじめしっかり炒めておき。
・帰るコール5分後強火点火、空豆とトマトを加えたら調味料を投入し一気に仕上げ!


e0157816_10474851.jpg



e0157816_10482945.jpg






e0157816_10491671.jpg















下準備に手のかかる中華の副菜は簡単に。というか一切の手をかけずに。
e0157816_1057115.jpg

(AKOMEYAより)



湯豆腐の牡蠣味噌のっけ。


e0157816_10594919.jpg

酔ってもないのに何故かブレブレーー
しかし牡蠣の濃ゆ〜い旨味に一切のブレなし。


e0157816_1104913.gif

by bonbonniere0826 | 2014-04-30 11:22 | 食卓では..・・・*