日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

割烹ゆう 春の名残と夏の走り…

来てよ その火を飛び越えて
  砂に書いた I・miss・you〜


そんな時代もありましたっけ。。。♨♨♨&笑



結婚記念2●年の日を、今年も2人揃って上海で迎えました。
長いあいだ気になっていたお店に、アニバーサリーを口実に連れていってもらうことに成功!







e0157816_7111213.jpg

お勉強のためいただいたお品書き、日本語・中国語バージョン。

日本語のお品書きには可愛らしい表現がならんでいますが、中国語では表現しづらく思いがなかなか伝わらないのですって><
日本語って繊細で綺麗な表現のできる言語ですものね。*世界一綺麗な言語* という声も聞きます。






開幕 赤海老と海のいろんなぷちぷち達 蜂蜜とマスタードのたれ
e0157816_7255874.jpg

2重の硝子器の底には桃のお茶。ドライアイスのプレゼンテーションで、期待もモクモクとふくらみます。
とびっこ・アイスプラント・マスタードシード ぷちぷちだらけで楽しいったらありゃしない。







焼物 初鮎の塩焼き 辛し味噌 新茶の香り
e0157816_7372470.jpg

上海で初鮎がたのしめるなんてね、と私たちはニンマリ^^

プレイスマットとして敷かれた和紙の端には、ほら…
e0157816_811126.jpg


ところが中国人はじめ外国の方々には、鮎独特のにがみが理解されないそう。
“なんだこれ!苦いじゃないか” なぁんてこともあるそうで。





お造り 春の海の世界
e0157816_7572187.jpg

大トロ、甘海老、炙りいさき、シマアジ、しめ鯖
今日は魚も良いのが入っています、と言われるだけあり!






菜単(お品書き)にない 小ぶりの大トロ軍艦登場
e0157816_8122751.jpg







泡物^^ ふわふわ空豆ちゃん 雲丹、鼈甲餡
e0157816_843210.jpg

空豆香るムースの下にオレンジ色の宝石 雲丹が沈んでいます

!!!左目の端に隣席の衝撃映像飛び込む!!!
泡物が出されるや否や、スプーンでぐるぐるぐるぐる?? これでもかってほどぐるぐるぐるぐる…??????
@@:
いや、そこはスプーンを縦にすっと下ろすところ! スプーンの使い方違うからっ!!







揚げ物 鱧、玉蜀黍球、鮑肝揚げ 岩塩 天つゆ

夫、鱧にヒマラヤ岩塩削るの図
e0157816_8272738.jpg



e0157816_8283624.jpg



甘いトウモロコシ玉
e0157816_830790.jpg



肝をまとった鮑
e0157816_831142.jpg









口直し 順菜めろん
e0157816_8332246.jpg

手のひらサイズの可愛い器に入れられて。
珍しいサイズなので伺うと、やはり思い入れてようやく手に入れられた器だということ。







小鍋 焼き帆立と生海苔  五時間煮込んだ貝柱のスープで
e0157816_836578.jpg








ゆうの鉄板 二種の中からお選びください

特選和牛とキャベツの浅漬け 梅醤油
e0157816_8392463.jpg



カナダ産ロブスター 香味たれ
e0157816_8402438.jpg



もちろん半分こでいただきました






e0157816_8421785.jpg







御飯 前から失礼します お楽しみ具沢山手巻き 止椀
e0157816_8455373.jpg

強面ながらお喋りの楽しい板長さん

2つ選んで手巻きしていただきます。

お品書きの“前から失礼します”って、こういうことね^^


picoriはイクラと、イサキの胡麻だれを。
e0157816_848446.jpg

イサキの胡麻だれ。鯛茶漬けのようなお味でした




e0157816_8541687.jpg






閉幕 いろいろ ごゆっくり

e0157816_8564047.jpg

綿菓子のなかにはマスカットひと粒


e0157816_922015.jpg

ブランマンジェのマンゴーソース&ラムレーズンアイス








ひと品ひと品が楽しくて心にのこるお料理がいただけました。
もっと早く行けばよかったわね、と言いながらほろ酔いで帰宅。




JETROの意識調査で、好きな外国料理で日本食が1位の評価を受けました。
安倍内閣推進で“攻めの農業”が始まります。
日本料理の素晴らしさが世界で話題の昨今、高価でも食べてもらえば納得してもらえる日本食材が発信され、日本料理の技が世界で真に浸透すると嬉しいことですね。

鮎の苦み、新茶の香り、泡物に沈められた雲丹の味わいかた。。。
提供して自由に味わってもらうことも大切、さらに日本料理特有の奥深さ・妙味、味わい方を知ってもらうための工夫も必要なのでしょう。いわゆる能書き?
上海で、海外で、日本料理を編み出し、手抜き一切なしで提供される気概ある職人さん方のご苦労に拍手と声援をおくりつづけます。
近い将来に本当にそんな日が来ることを願って。





e0157816_942722.gif

by bonbonniere0826 | 2013-05-26 10:55 | favorites・・・*