日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

娘達の小籠包作りと農民画ポストカード

先週から娘が遊びにきています。
そして彼女のお友達も次々に上陸…^^

朝から晩まで上海中を縦横無尽に駆け回り、食べたいものが食事の回数より多くって困っちゃう!らしいです(笑)
楽しんでいただけたならママとしても嬉しい限り!




そんな彼女達、先日小籠包レッスンに参加しました。

指導上手なM老師のおかげで
最初の2つはこの有り様だった娘の小籠包が…(ちっちゃ!!笑)

e0157816_8521015.gif



包むうちに勘をつかんだらしく、最後には老師の“很好!”(Very good!)をいただきました。
e0157816_8552233.gif

気の強さがこの場合は功を奏したようで…w





e0157816_8564582.gif











陝西省で半世紀ほど前に始まったとされる農民画。
それはただ写実的に農民の生活が描かれるに過ぎないものだったそうです。

上海市の郊外 金山地区に呉彤章が農民画指導で現れてからは、農民画の作風そのものが変わったそうです。1970代のこと。
彼がその村に訪れる以前から、この地域の農民達はベッドやカマドなど家の中の身近な場所に絵や刺繍や切り絵などを施していて、それを目にした呉氏はその地区の農民達の芸術レベルの高さに着目。
農民の潜在能力と呉さんの新しい作風がコラボレーションして、現在の金山農民画ができ上がったそうです。




金山農民画と聞いてイメージするのはこのようなもの。
e0157816_962071.gif

牛追いや
e0157816_965973.gif

こちらは養蜂場を描いたもの。
立体を敢えて平面化して描き、鮮やかな色使いが特色です。







実のところ、農民画にはあまり興味を持たないまま最近まで過ごしていたのですが、娘のお友達への上海のお土産をと探すうちに、農民画にも作者によってセンスのいいものがあることに気づきました。
こんなカードであれば、若い日本の女の子達にも、中国的な要素も多分にあり、新しい感覚で喜んでもらえるのではないかしら♪と選んだカード。

e0157816_9113188.gif



e0157816_9124838.gif







農民画に限らず、大都会上海に暮らす人々にはいま農村ブームがやってきているそうな。
農村料理=农家菜 もそのひとつなのでしょうか。
飼っている鶏・鴨などの家畜、庭で育てた野菜や果物達を家々の作り方でもてなす农家菜店巡りが、都会人にいまブームだそうです。



お気に入りの農民画作家が見つかったなら、そのアトリエを訪ねるといった日帰り旅も面白いのかもしれません♪




e0157816_9234411.gif

by bonbonniere0826 | 2012-09-13 09:32 | 習いごと*