日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

上海のお茶漬け のようなもの 泡飯


Mお師匠さまからうれしいランチのお誘い♪
Mさまの長い上海のお友達Aさまが予約を入れておいてくださって、徐家匯シュージャーフイから徒歩7、8分の豪厨へ。

e0157816_8555276.jpg

このような中華料理屋さんは歩けば棒に当たるほどあるのですが、知らずにふらりとは入るには勇気がいるし、教えていただかなければ多分上海生活を何年続けても入らないでしょう。
お料理はどれもこれも“太好吃了!(すっごく美味しい♪)”で、気になっていた<泡飯>をいただくこともできたのです。
お店の前で撮っている時には気づかなかったのですが、後でよくみると看板の“豪厨”の横に“粤菜”とありますね。粤は広東の別称ですので広東(or香港)料理のお店です。



鮮虾饺(海老蒸し餃子)
e0157816_935057.jpg




烧味双拼
e0157816_9173079.jpg

3種の猪肉(豚)料理から2つ選べるのですって。
右の四角いお肉、時間が経ってもパリッパリ。叉焼も肉汁溢れ絶品です。



萝卜糕
e0157816_9593429.jpg

みんな大好き大根餅^^



朝鮮人参と鶏のスープ
e0157816_9322969.jpg

肩凝りもふっとびそうな! お味も上品♨

スープを注ぎ終えたら具の鶏肉や人参をどうぞ、と醤を添えて出されますが、お肉は旨味が抜けてこちらにはあまり手が出ません^^;
e0157816_9462790.jpg

グロテスクですみません><
鶏の爪先はどこでも出されますので、すっかり私は麻痺しています^^
中国の人はこの爪先が大好きで、それはそれは綺麗にしゃぶり尽くします。
スーパーの肉売り場にも必ずあります。豚の尻尾もね…ーー;




銀杏鮮枝竹米
e0157816_9502125.jpg

青菜と湯葉と銀杏の薄味スープ煮
銀杏の大きさは日本の1.5倍@@



麻辣貢菜
e0157816_9524486.jpg

甘辛味でコリコリして美味しい冷菜。
海藻みたいな歯応えがとても美味しい! 貢菜は調べてみると、山くらげだそうです。



待ってましたな泡飯パオファン
e0157816_95798.jpg

干し海老の香る熱々スープの中に、パラパラに揚げられたお米を加えるとジュッ♩
このお米がまた、いつまでもパリパリで本当に美味しいのです♨

泡飯については、マンダリンの先生から伺っていました。
ご飯にお湯をかけてお漬け物をのせるような簡単な泡飯はおうち泡飯なんですって。
つまりお茶漬けですね。
中国ではお茶はあくまでも飲むもので、日本式お茶漬けのようにお茶をご飯にかけるようなことはしないそうです。

こちらのお店の泡飯はその名が“豪厨泡飯”
お店オリジナルな香港式泡飯というところ?



デザートは
e0157816_1095772.jpg

マンゴーやポメロ、タピオカのフルフルスープ。
A太太は杏仁豆腐のおしるこみたいなデザートを。



中華のお店でここは美味しい!と思えるお店は油使いが上手です。
油臭さも油っこさもまったくなく、どのお料理も本当に美味しかった。
とりわけ泡飯は、またきっと恋しくなる美味しい美味しいご飯でした♨
e0157816_10233248.jpg



豪厨
南丹東路118号

e0157816_10252432.gif

by bonbonniere0826 | 2012-02-02 10:31 | おでかけ*・・..・