日常のキラキラワクワクを発信! 2010年冬より上海で暮らしています。 コメントは大歓迎!  写真は“?里可以拍照??”と許可を得て撮影させていただいています^^     *picori*


by picori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

鳥籠と福引きとピアスの穴と上海風焼きそばのこと

つぶやきpicoriにおつきあいを…^^

e0157816_1235363.jpg




◆公園の鳥籠のこと
常連になりつつあるお寿司屋さんや徐家匯(シュージャーフイ)方面へ少しがんばって歩いて行こうとすると通る公園の朝の風景。

e0157816_12465135.jpg

小さいけれど樹木やベンチの配置がとてもいい感じの公園。
右奥のあずまやの下では、おじいちゃん達がトランプや中国将棋の対戦中。
そのことでなくいつも気になるのは、

e0157816_1258140.jpg

枝の高い位置に吊り下げられているいくつもの鳥籠のこと。
黒、白、灰 いろんな種類の鳥たちが美声を奏でていますが、
昼下がりには自転車や無音バイクに載せて連れて行かれます。
e0157816_1393980.jpg


鳥のお散歩?
公園に吊り下げられた鳥籠の風景は、風情はありますがいまひとつ理由のわからない光景です。




◆福引きのこと
昨夜は主人の会社の忘年会にご一緒させていただきました。
日本人としては新年会でしょうって時期ですが、夫は今週も連夜忘年会続きです。
これまでに旅行やお食事会(飲み会ともいう)で何度か会った方々で、皆さん穏やかで優しくて本当に良い方ばかり。
中国の流行りごとや冗談がいちいち気になり会話を中断させてしまうKYな私
おいしい海鮮料理と青島ビールやワインや老酒をいただきながら、今年の慰労の意で景品の当たる福引きが始まりました。
ピンポン球の一回り大きな赤いプラスティックの玉の中に名前が書かれた紙が入れられていて、名前を呼ばれた人には次に景品の好きな番号を言う権利があります。
(中国的な福引きの光景。カメラを置いてきてしまい残念でした)
実は最後の3人まで呼ばれなかった人達こそがこの日の大当たり、大入り袋(赤字に福の字)をいただけます!
“○○(picoriの名字を中国語読み)太太!”と早々に呼ばれいただいたものは、景品の中でもハズレだったみたい

e0157816_13445255.jpg


福の字のバッグの中身はお菓子の山でした^^
e0157816_1402568.jpg

街なかでも中国の人がよくつまんでいるナッツ類、ドライフルーツ、コインチョコレートなど。

くじ運は良い方なはずなのになぁ。
毎年すること、初詣へもまだ行けていないし昨日は七草粥もいただかなかった。
だからハズレを引いちゃった!?^^;





◆ピアスの穴のこと
これについては2年も3年も前からずっと迷い続けている。
18年くらい前に意を決して臨んだ女医さんの皮膚科でのピアスの穴開け大手術(笑)だったのに、ある年を境に右耳たぶだけ閉じてしまった。
閉じたように思ってもそう易々と閉じるものではないわよ、と何人もの友人に言われたけれど、どうしたって通らないんだからやっぱり右だけは塞がってしまったんだと思う。
あの時は、いざやってもらった後は何て事なかったような穴開け手術だった。
でも18年が経つと、また同じ恐怖に苛まれてなかなか実行にうつせない。

ところが、いわゆる上海のおばあちゃん。
市場から菜っ葉をぶら下げて出てくるおばあちゃんも、おじいちゃんと腕を組んで二人ゆっくり歩いて行くおばあちゃんも、白髪まじりの直毛ボブからチラリと見えるシンプルなピアスが何とも魅力的!
それでまた最近、私のピアス熱がずんずん膨らんでいるんです。




◆上海風焼きそばのこと
ある頃、日本に突如あらわれた上海風焼きそば。
中華料理のお店やコンビニごはんとしても一時期流行りました。
響きに魅せられ、私も家で再現してみたものでした^^;
そのころはまさか数年後に上海暮らしをするとは思いもせずに。

上海に来てから街でずっと気にしているのですが、“上海焼きそば”らしきメニューに遭遇したことがありません。
“焼きそば”は“炒面”だと思うのですが、上海炒面ってどこかに存在するのかしら?

話は反れますが、金曜日の中国語レッスンで、いつものように老師と食べ物ネタで盛り上がっていた時のこと。
先日鍋貼グオティエ(焼き餃子)がおいしいと王家沙のことを記事にしましたが、「王家沙なら“两面黄リャンミェンホワン”が美味しいけど食べたことはありますか?」と聞かれました。
初耳の料理名、それは麺を油で両面パリパリに焼き、野菜などの餡をかけたものだということ。
両面が焼かれた色から两面黄だそうです。
金曜以来(といってもまだ2日笑)两面黄を食してみたくてしかたない、そんなに美味しいの?
そしてその晩あたりから、もしかして两面黄こそが上海風焼きそばなのではないのかい?と勝手な想像を巡らしているのですが果たして真相はいかに??

上海にはきちんとしたレストランで出されるようなオリジナル料理は少ないのですが、こと小吃に関しては上海生まれのおいしいものがたくさんあるそうな。
两面黄もそのひとつ^^
两面黄については追跡調査をいたします。

e0157816_1511067.gif

by bonbonniere0826 | 2012-01-09 06:06